塩浜小学校の校歌が修正されたことが公害学習をする上でよく取り上げられる。
 「港のほとり並びたつ 科学のほこる工場は 平和を護る日本の 希望の希望の光です・・・」と歌っていた。下校の様子

 校歌は、コンビナートが操業を始めた頃にできあがった。当初は、市民もコンビナートを百万ドルの夜景とか四日市のシンボルと呼んでいたために抵抗なく歌っていた。その後コンビナートから排出される亜硫酸ガスなどで、ぜんそく患者が続出し、塩浜小学校でも50人近い児童が認定患者となっていた。こうしたことから、校歌の修正を求める意見が持ち上がったのであった。

 その修正された校歌の内容は次のようであった。
 「南の国から北の国 港を出て行くあの船は 世界をつなぐ日本の 希望の希望の光です・・・」

 しかし、この校歌が歌われなかった卒業式が一度あった。
 それが、昭和47年3月18日の卒業式である。当時の朝日新聞によると、石油化学コンビナートを“希望の光”として歌い上げる校歌は時代にそぐわないとして、作詞した方に修正を求めていた。その新しい校歌ができあがったのが、この年の2月下旬であった。当初は歌う予定で進めていたが、急に新しい校歌にかえても子どもたちがなじめない、などが学校側で話しあわれた。また、現校歌についてもこのまま歌うわけにはいかないとして、18日の卒業式ではどちらも歌わないことになった。
 この日の卒業生には、ぜんそく発作で亡くなった四日市公害裁判の原告であった瀬尾宮子さんの娘さんがいた。父親は「校歌がないというのはさびしい。公害に関係なく、塩浜小にふさわしい校歌を歌わせてやりたかった。」と娘さんの後ろ姿を見つめていたそうだ。
 この年の7月24日に原告勝訴の判決があった。

パンフレット 2012年の7月24日で「四日市公害訴訟」判決の日から40年を経過しました。
 学校の教科書にも掲載され、「四大公害(訴訟)」ともいわれる大きな出来事です。石油化学コンビナートの排煙が大気を汚染し呼吸器疾患を患う多くの患者が発生し、関連企業六社が発生源として裁かれました。その裁判のお陰で四日市の環境はずいぶん改善されました。
 この夏の小学生の自由研究には、たくさんの子どもたちが『四日市公害』を取り上げていました。四日市公害を自主的に学習しようとする子どもたちがいることをとてもうれしく感じました。しかし、公害を知ろうとするときに、さっと手に取ることができるパンフレットは、大人用のものしかありませんでした。語りべの方からも、子どもたちが知ろうとするきっかけとなるパンフレットがほしいと言われていました。
 そこで、市民塾から小学生向けの「知ってほしい!『四日市公害』のこと」というパンフレットを作成しました。四日市公害の原因となった亜硫酸ガスのことや空気の汚れを初めて裁いた四日市公害裁判のことなどをわかりやすく掲載しました。このパンフレットをきっかけとして学習を進めてもらえたらと思います。

 

自らの思いを語りながら……。
3月17日(土) 四日市公害訴訟判決40周年プロジェクトである「四日市公害連続講座」が始まりました。サブタイトルは「本当にありがとう。そして未来の ありがとうのために」。 「なたね通信」 の主宰者・26歳の若者であDSCF3689る榊枝さんが自ら企画し、自ら取材し、自ら語るというユニークなスタートとなりました。祖父の代からの四日市との縁や父親の職業。そして自分の幼少期の磯津海岸の思い出を導入部として、大学における学び始め。環境問題と出会い「水俣」「アスベスト」などの事件を知る。これらがきっかけとなって「四日市公害」に取り組むようになった 等々 素直な語り口で参加者に訴えかけていました。また四日市公害の中身も簡潔におさらいをしました。
休憩を挟んで約2時間弱でしたが、学究的でないだけに却って分かりやすい内容となりました 参加者は32人(用意した席は満席)、ほとんどが彼より年長者ですが、質疑応答では「がんばって!」との雰囲気でした。特にもとコンビナート社員という方からは「11回全部出席するから」との励ましがありました。またゲストとして参加してもらった野田さんから「若い人が取り組んでくれてうれしい」、澤井さんからは「自分とは違う流儀だが頑張ってほしい」との言葉がありました。次回は4月14日(土)午後です。いよいよ四日市公害の歴史を学んでいくことになります。さい先よいスタートでしたが本番はこれからです。皆さんヨロシクお願いします。

 birakubari四日市公害と人権を考える授業を実践したときに使われた一枚の写真があります。コンビナート企業で働く女性が塩浜駅前で、公害反対のビラを配っているものです。授業は、コンビナート企業で働く人の葛藤を考えさせることで、子どもたちの生活を振り返らせるという実践でした。
 この女性が配っていたビラの内容がずっと気になっていましたが、「公害トマレ」の11号に掲載されていることを教えていただきました。さらに、「新聞が語る四日市公害」には、「被告企業内から初の告発」との見出しで書かれた朝日新聞の記事が紹介されています。新聞によると、被告企業で働くこの女性は、45年10月に入社しましたが、会社が被告企業の一つであるということは知らなかったそうです。それが、「公害市民学校」に参加することで、公害のことを学んでいったそうです。さらに、患者さんと接するうちに、企業で働く自分自身や訴訟に無関心でいる仲間への疑問がふくれあがり、一緒に働く仲間に訴えたいという気持ちが大きくなったと紹介されていました。
 また、語り部の方が、資料を整理する中で、その後のビラがあることがわかりました。

「・・・公害発生源で働く私たちにとって、『かかわりのないこと』ではすまされないのです。『会社に働いている以上仕方がないじゃないか。』-ほとんどの人がこう言います。
 本当にそうだろうか。では、『苦しい、助けてくれっ!』と言って死んでいった人たちの命は、発作が起こるたびにのどをかきむしり、死の影と格闘する患者さんたちはいったいどうなるのでしょう。『仕方がない』とあきらめるしかないのでしょうか。・・・」

 見つかったビラの中には、他のコンビナート労働者が作成したビラも残っていました。
 貴重な資料をいただきましたので紹介します。

  四日市公害資料館(仮称)の設置が予定通り進むかどうか危ぶまれています。なにより、四日市公害は、塩浜地区だけの問題ではないのですから、地元自治会の反対に対して、市側がどのように動いていくのか注目しています。

記録「公害」のガリ版文集  さて、判決40周年にむけて、市民塾を始め各方面で、判決の意義を考えたり、振り返ったりする催しが計画されているようです。一昨年より、市民塾では、澤井さんが撮りためた写真を電子データ化してパワーポイント等で加工し、語り部の説明などで活用してきました。また、それらをもとにして四日市公害を学習していくための教材作りを進め、取り組みの提案や具体的な実践をしています。
  そこで、これらの資料や教材、これまで市民塾が作成してきたガイドブック等を、「学習ボックス」として整理し、貸し出しができるようにしてはどうかと考えています。この「学習ボックス」があれば、学習教材がひとそろえあり、この「ボックス」の中から教材を選んだり、考えたりできるものを目指したいと思います。「学習ボックス」の中に入れるものとして考えているのは以下の通りです。中には、関係機関の了解を得る必要があるものもあります。こんなものがあればいいという提案がありましたら、ご連絡ください