四日市の港を歩く (続)

 現在四日市市は人口30万人。三重県では県庁所在地の津市を抜いて県下第1の「都市」。「公害のまち」で全国に知名度が高くなってしまったが、それがなければ内外の人々はどんなイメージを描くのだろう。たしかに戦後は石油化学コンビナートに代表されるように「工業都市」の印象は強い。しかし、歴史的に見れば「伊勢湾」に面しているのだから漁業と貿易の「港町」として栄えてきた。そんな事実を改めて市民塾例会勉強会では学ぶことができた。

 江戸時代から既に廻船の基地として機能していたのを明治に入って問屋主の稲葉三右衛門が港の改築を手がけたのは周知のこと。旧港あたりが「稲葉町」「高砂町」と命名されたのはその縁による。さらにオランダ人技師デ・レーケにより旧港より大規模な築港計画が作成されたのが明治19年とされている。

2011_0104_153333-DSCF2108デ・レーケの「四日市築港設計図」。旧港公園の石畳の一部に組み込まれている。現在の末広町・千歳町の場所には「SITE FOR NEW TOWN」と記されている。    当時の図面には「工費 参百拾萬圓」とある。そして海外貿易が盛んになり綿や羊毛の輸入とともに四日市には紡績会社が各所に設立される。平穏で豊かな港町の風情が、今も残る老舗料亭や船員会館の存在から思い起こすことができる。

 しかし、この町の様相が大きく変わるのはやはり「戦争」だろう。1940(昭和15年)前後に石原産業や大協石油が進出し、さらに海軍燃料廠が建設されたことによって「軍都」へと邁進する。紡績工場は軍需工場化し港もまた軍港となる。ここからが戦後の石油化学コンビナートへの大きな転換点といえるだろう。はたしてデ・レーケはかくなる未来を想像しただろうか。悲劇の序章とでもいえる1ページとなる。2月例会勉強会はここがポイント。「まちづくり」の観点からも避けて通れない。

 霞ヶ浦の四日市港ポートビルに行けば港に関するいろんなパンフレットが無料でもらえる。また1月例会分の資料(年表)はファイルとして添付。ぜひご覧いただければと思う。1月勉強会資料 

四日市の港を歩く   (1/23)

 いま四日市市には「四日市港」が二カ所あります。まず80年来の歴史をもつ「四日市地区」の港。第1コンビナートに接していて羊毛やナタネなどを輸入し三つのふ頭を備え倉庫が建ち並んでいます。もう一つは第3コンビナートの「霞ヶ浦地区」(出島)にあり、自動車輸出の基地になっていて40年ほどの新しい港です。二つはいずれも海面を埋め立てたものであり工業都市・四日市の「発展」を支えた拠点ということができます。

 しかし四日市港の歴史はもっと古く現在では「旧港」として国の文化財指定を受け、その名残を整備された公園とともに残しています。周辺は人通りも少なく利用者も多くはないのですが「潮吹き防波堤」など往時を偲ぶ懐かしい雰囲気を漂わせています。市や港管理組合の作成したパンフレットには紹介されていますが、明治初期稲葉三右衛門によって始められた造成地に、オランダ人技師デ・レーケ設計の港が最終的に完成したのは1894(明治27)年のこと。それ以来何度か修築が行われますが、末広町・千歳町の埋立とともにその役割2011_0104_154809-DSCF2121◎今回の写真は「旧港」に整備された公園です。高砂町にあります。を終えることとなりました。

 その他、千歳町あたりを歩いてみますと跳開式鉄道可動橋「末広橋梁」や「臨港橋」など貴重な建造物が見られます。これらの歴史をさぐってみると単なる「史跡」ではなく、まさに「四日市公害」の形成過程をも学ぶことができます。例会での「勉強会」は資料館への備えも含めてみんなで考えていきたいと思います。1月は24日2月は28日(月)となります。

澤井余志郎さんの生きざまから学ぶ

1.実践交流会に参加して

どの小学校も語り部の方々の生き様に学び、子どもたちが自分を振り返る学習を大切にしていました。また、四日市公害学習をすることで、子どもたちが元気に なっていく様子も報告されました。参加された方の中には、磯津出身の方もおられ、当時の様子と自分のことを話され、とても興味深かったです。交流の中で、多くの学校が「四日市公害と人権」(副読本)を活用していることがわかりました。副読本が公害学習に役立っていたことは、うれしい限りでした。

塩浜小学校を訪れる現地学習は、総合的な学習の時間が位置づけられる頃から、特に、盛んになってきたと思います。そして、現在では、市民塾の語り部の方々から聞き取り学習を行うというスタイルがすっかりと定着しています。  

秋深し 充実の月末となりました。

台風14号は各地に影響があったようですが、こちら四日市は大過なくいくつかの行事が行われました。被害に遭われた地域の皆様には謹んでお見舞い申し上げます。以下 こちらの様子をお知らせします。

2010_1029_0129日(金) 県内伊賀市の小学校5年生2クラス92名がバス2台で四日市環境学習センターへ。「語り部」との質疑応答による公害学習。随分事前学習ができているようで、なかなか的を射た質問がたくさん出ます。休憩時間になると子どもたちがワッと野田さん澤井さんを取り囲んで質問攻め。いつもながら心温まる光景です。午後は市内の小学校5年生の学習発表会。2クラスの生徒が自主制作のパワーポイントに電子黒板を用いての説明付き。2人の担任教員の丹念な事前指導が伺われる新しい時代の実践に感銘を受けました。公開授業のため20名ほどの保護者の参加がありました。

30日(土) 四日市市主催の「環境シンポジューム」。市内の54団体・企業がブースをならべて「環境」の成果を披露。わが市民塾も昨年から参加。写真資料を中心に語り部などの活動を紹介。ちょっと異色の感がありますが、第3コンビのある企業の社員が「霞埋め立て」の写真に大変興味をもち、ぜひデータが欲しいと頼まれました。閉会の交流会ではいろんな立場の人たちと会話ができ、自己紹介の機会もありましたのでしっかり宣伝をしておきました。

31日(日) 三重県環境学習情報センター(四日市市桜町)のロビーにある常設展示スペースが一ヶ月間借用できることとなり、出向いて設定をしました。昨日の資料をほぼ転用したわけですが、11月は小中学生の研修も多いとのこと、また幅が広がりそうです。土日・祝日も開館していますので一度のぞいてみてください。

「四日市公害裁判判決35年」に作成した記念誌に付けたCD版ガイドブック集の改訂版ができあがりました。中身は、

  1. 四日市公害「被害地を歩く」
  2. くさい魚と環境破壊の四日市
  3. 子どもの作文
  4. 四日市公害Q&A 伝えたい思い
  5. あやまち 1970年夏
  6. 四日市公害と人権 副読本(旧版)
  7. 四日市公害裁判判決35年記念誌
  8. 四日市公害写真集より
  9. 四日市公害と子どもたち(パワーポイント版)

新たに、「あやまち」や最近沢井さんが作成した学習案内なども載せました。また、四日市公害写真集からピックアップした画像と市民塾が使用している「四日市公害と子どもたち」も添付しました。