Sidebar

perfect facebook Page plugin

学習案内 副読本

四日市公害を学習するために副読本を作成しました。

四日市公害と人権(副読本)
hyoushi

小学校や中学校で活用できます。

学習案内 CD版

ガイドブック冊子としてまとめたものを、CDに収録したものです。

ガイドブックCD
cd

市民塾7月例会報告新しい視聴覚素材にみる44年前の公害 

DSCF2671

今回の例会では先日三重大学を会場に行われた「日本環境学会若手交流会」の席上発表されたパワーポイントの紹介がありました。150コマにのぼる力作であり、大人向けの素材になっていますが、様々な資料を駆使して多角的な提示がされています。その中の1枚「昭和42年 住民[問診及び医学的検査]による・・・・・・・の有償(症?)状況」があります。「気管支喘息」「慢性気管支炎」「閉鎖性障害者」の住民数をグラフにしたものですが、トータルで1373名となります。そのうちの361名(約20%)が塩浜地区ですから第1コンビナートとの関連があきらかです。この年は2年前に四日市市独自の認定制度が発足しており認定患者は484名。多くの患者が未認定の状態ですが、9月に塩浜(磯津)地区の患者9名が提訴にいたるわけです。5年後に判決が出され、1988(昭和63)には認定制度解除。それから23年、果たして被害の現実は?。判決40周年を来年に控え行政の姿勢に注目したいと思います。

 四日市公害写真展はじまる

DSCF2677

今や恒例となった環境学習センター主催「公害写真展」が同センター展示コーナーではじまりました。被害・裁判・運動などの側面から澤井さんの写真を中心にしての展示。今回は新しく田尻宗昭さん(当時海上保安部)の制帽姿(TV画面から拝借)が掲示されています。若々しくきりっとした田尻さんをご覧ください。夏休みに入り小中学生が宿題対策も兼ねて多数訪れます。7月29日・8月6日は市民塾メンバーが解説をつとめます。8月下旬まで開催。

 

   7月24日「四日市公害訴訟判決39周年・市民集会」。午後1時30分。四日市市本町プラザ


市民塾とは

logo1

四日市再生「公害市民塾」とは→こちら