Sidebar

perfect facebook Page plugin

 映画「青空どろぼう」上映会のご盛会をお喜び申し上げます。
 ご来場の皆様に、四日市市長として、メッセージを送らせていただきます。
 皆様ご承知のように、昭和三十年代に発生した四日市公害は、文字通り青空を奪い、空が工場の煙で覆われる日が多くありました。
 しかし、公害裁判や市民・企業・行政による、たゆまぬ努力の結果、現在では、青空が見えるまでに環境改善が進んできたことは、多くの人が周知のことと思います。
 一方で、公害による健康被害により、今も苦しんでおられる公害病認定患者の方々が四百人を超えており、いまだ公害を克服したと言える状況にはないと考えています。
 私達には、「公害は、まだ終わっていない」という認識のもと、今後も、さらなる環境改善に向けて、継続的な努力をしていく使命と責任があります。
 と同時に、四日市公害の歴史的事実や、その後の環境改善のプロセス、また現在の姿を正しく客観的に後世に伝えていくことも必要です。
 そのような観点から、昭和六十三年に「公害健康被害補償法」の指定地域が解除されてから以後の状況を、どういった形で把握できるかを検討するとともに、四日市公害の歴史から学び、未来志向で環境問題を考える拠点として、「(仮称)公害に関する資料館」を整備していく予定です。
 ご来場の皆様のご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

四日市市長 田中俊行


市民塾とは

logo1

四日市再生「公害市民塾」とは→こちら

なたね通信

四日市公害を経験して「今」四日市の自然環境を紹介!!!facebookもあるよ!!!