Sidebar

perfect facebook Page plugin

「四日市公害を忘れないために」市民塾・土曜講座⑩ 。ありがとうございました。
DSCF35611月18日の第1回から六ヶ月。一年の半分以上を経過したことになりますが 「土曜講座」つつがなく終了することができました。最終回の第10回は吉村功さん。既にこれまで紹介したとおり1969年四日市を訪れ約10年、四日市公害と戦う市民兵の会そして『公害トマレ』とともに反公害運動を担ってこられました。この日は若手の榊枝さんの質問に丁寧に答えていただき、独自の価値基準で持論を展開していただきました。人間関係に差別を持ち込まない視点から「先生」との呼称を拒否する。天下国家を論ずるより目の前の問題を具体的にどうするのDSCF3576か。「発生源撤去」は企業や技術者の姿勢が問われる。穏やかながら、やはり「妥協」はしない吉村さんらしさの伺える充実した2時間でした。本当にありがとうございました。
長いようで短かった連続講座。9,10回出席者が6名。6回以上は20名。各講座平均50名で延べ500名の参加。数字だけでなく大きな実りをもたらした講座だったと思います。「語り手」を努めていただいた10名の経験者、そしてそれ以上に頑張って「聞き手」にチャレンジしてくれた10名の若者達。厚く御礼申し上げます。最終回は閉講式を行い表彰もあって和やかな雰囲気のうちに終えることができました。感謝。
○ 「四日市公害を忘れないために」市民の集い2014 7月27日(日)午後1時開始。四日市市本町プラザ1階ホール。田中市長の挨拶や環境部長の説明。市民塾からの報告。そしてメインは富山県立イタイイタイ病資料館長の鏡森定信さんお講演。入場無料。市民塾と四日市市の共催。ふるってご参加下さい。


市民塾とは

logo1

四日市再生「公害市民塾」とは→こちら