Sidebar

perfect facebook Page plugin

「四日市公害と環境未来館」オープンまであと45日!(2月4日)
IMGDSCF4505寒い冬もはや立春を迎えました。「公害資料館」についての情報続編です。2階の展示エリアでもっとも重要なのが「公害の発生」展示です。市役所のHPによれば壁面全体に大きな写真(コンビナートの排煙)が掲示され、その上に小さい写真が重ねて掲示されています。塩浜病院での患者さんや塩浜小学校の「うがい場」など、ほとんどが澤井さんの写真です。さらに手前に棚が設置されそれぞれ「引き出し」が付いて、解説文が書かれています。総数100枚を越えていて、準備室の皆さんの労作です。壁面の随所に「モニター」があり、関係者の証言が流れてきます。足下にはコンビナートの地図があり、向かい側には「年表」が掲示され、併せて解説がなされることになります。実際に出来上がったときのイメージはまだ掴めませんが、楽しみにしたいと思います。
◎ 博物館の外壁にロゴマークと表示板が掲げられました。隣は公園やショッピングセンターですが、建物が大きいので近くからは却って気づかないかも知れませんが、関心を持って欲しいものです。
◎ 市民塾・土曜講座全記録『きく・しる・つなぐ 四日市公害を語り継ぐ』出版記念の集い 
 3月7日(土)午後1時30分より 四日市市本町プラザ。

当日は書店に並ぶ前の先行販売を行います。ぜひお出かけ下さい。2,000円(+税)です。予約受け付けます。 
問い合わせは
090-3151-8971(伊藤)まで。

 


市民塾とは

logo1

四日市再生「公害市民塾」とは→こちら