Sidebar

perfect facebook Page plugin

日本科学史学会「四日市公害シンポジウム」での質問

2012年に三重大学を会場に行われたさいの発言 生きざまをめぐる問い(澤井への質問)
「黒衣に徹する」「被害者の立場に立つ」「記録を残すという運動のしかた」を貫ぬいてこられた澤井氏のものの考え方をはぐくんできた経験をお聞かせください。また、なぜそうしたことが重要と思われているか、今後その「信念」をどのような形で引き継いでいってほしいと思われているかお聞かせ下さい。

◇「黒衣に徹する」
 1967年2月、第一、第二火力発電と石油化学コンビナートの公害(油くさい魚と四日市ぜんそく)対策が進まない中、三重県と四日市市が、第3コンビナート誘致のための霞ヶ浦海面埋め立てを計画し、付近住民が反対のこえをあげた。労組組合員から「今夜ビラまきをするから地区労の仕事が終わったら手伝いに来い」と言われ出かけた。なんのことはない、「今からお前が原稿を書き。ガリキリせい」と、ガリバンー式が置いてあった。やむなく、原稿、ガリ切りして印刷、夜10時ころ、各戸配布した。
 あくる朝、大協石油(コスモ石油)の本部委員長から「組合事務所へ来るように」と電話があり出かけた。委員長の机に、昨夜まいたビラが置いてあった。「このビラはお前が作ったんやな」「そうです」「お前はどこから給料をもらっている」「ここの組合もそうですが、加盟組合の会費からもらっています」「そうだろう、組合は会社が大きくならなければ賃金はあがらない、それを反対すのやったら、うちの組合が地区労を脱退するか、お前が地区労を辞めるか、どっちを選ぶか返答せい」「どっちも返答できるものではないので、そちらで決めて下さい」で引き下がった。組合は地区労脱退を大会を開いて決めた。
 会社や組合の先輩たちが、「地区労の職員が反対のビラまきをしたので、脱退した」と新聞に書かれたら恥を書くのはこっちだ」となり、「いつ脱退するかは執行部が決める」で、脱退はなくなった。
 この年の9月、四日市ぜんそく公害裁判が提起されることがあり、被告6社のうち、4社は地区労、三化協の加盟組合で裁判支援から去って行くこともあり、黒衣でいくしかないと決めた。

市民塾とは

logo1

四日市再生「公害市民塾」とは→こちら