Sidebar

perfect facebook Page plugin

澤井余志郎

  1.  1966年(昭和41年)7月、公害認定患者の木平卯三郎(76)さんが、自宅め2階で首つり自殺。
     7月14日、政党・労租の公害対策協議会が“木平さんの死を無駄にするな”との市民集会を開催。塩浜病院に入院中で磯津の中村留次郎さんが「弱い者は束になって死ねというのか」と訴えた。
     中村さんは、「公害反対を気安く言うな。ぜんそく患者の本当の苦しみを知ったうえでやれ」と言った。患者は夜中から明け方にかけてひどい発作をおこすから、病室へ来て、一晩居ってみろとも言った。
     8ミリ映写機、カメラ、録音機を携え、夜に病室へ行った。ひどい咳、ぜんそく発作で苦しんでいる患者さんが居た。しばらくしてから、医者に「この空気清浄室には24人分の空気しかおくりこめないので…」と追い出されてしまい、もっとも苦しむ場面にはであうことわなかったが、苦しみはよく分かった。わたしになにか出来ることはなんだろうかと考えた。

  2.  こうした事態でも、行政、工場とも、手をこまねいているのみで、依然として公害被害はとどまることが無く、患者救済も進まない。この状況を打開するには、訴訟という手段を講ずるしかないと、公対協は弁護士さんたちに相談、公害ぜんそく裁判を起こすことにした。
     原告患者を誰にするかでは、もっとも被害の大きい磯津の、塩浜病院入院中の9人で、訴える相手の工場は鈴鹿川の北側に隣接する第一コンビナート六社となった。
     磯津は、四日市本土かちは鈴鹿川で切り離されている地形だけでなく、行政は木一本植えることもなくみ捨てている。
     磯津には100人ほどの公害認定患者がいた。なんとかその人たちが、患者の会を作って、公害裁判を支援するとともに、公害反対の運動を進める中心になればいいなと思った。
     そのまとめ役こなりそうな患者さんを訪ね、思っていることを述べ、下働きしますと言った。「帰れ」と言われた。「選挙になると、すぐにでも公害をなくすようなことを言い、ピラもまきにくるが、投票が終われぱあとは知らん顔、そんなものの言うことを信用できん」その日は、そう言われるのはもっともだと、引き下がった。
     しかし、選挙に利用しようなどとは全く考えていないことなので、このまま引き下がることはできない。おれはそんなんじやない、一人で役にたつことをしたいだけだ…、間をおいての、磯津通いを始めた。

「四日市ぜんそく」について小学生からよく尋ねられる質問です。

コンビナートが広がってどんなことが起こりましたか?

原因不明の【塩浜ぜんそく】と呼ばれる病気が出始めました.第2コンビナートが運転をはじめた1963年以降は、発病地区が広がって【四日市ぜんそく】にかかる人(お年よりと子供が多い)が増えました。

磯津の漁師が「工場がきたので、税金がたくさん入り、市は発展したかもしれないが、市民のわしらは、ぜんそくにかかり、漁にも行かれず、入院せんならん」となげいていました。

四日市ぜんそくが広がっていたとき、四日市の空はどんな様子でしたか?

霧のような、少し先も見えにくいようなスモッグが立ちこめることがよくありました。

夜、鈴鹿の山々のほうから四日市をながめると、四日市の町がすっぽりとガスのかさでおおわれているのがよくわかりました。町中では見えない星も、山のほうで空をながめると、たくさんの星が見え、星ってこんなにたくさんあるものかと思ったことがあります。

四日市ぜんそくが広がったとき、四日市の海はどんな様子でしたか?

第1コンビナート(内陸もふくめ)工場はい水は、四日市港へ流されます。生物ゼロといわれるほどの汚い海になり、七色といえばきれいな虹を想像しますが、どろどろした色、油が浮くなど、海のにおいのしない悪臭の海でした。

中部電力三重火力発電所は、その海水を発電機を冷やすのに使ったあと、反対側の鈴鹿川へ流したので、磯津近辺の魚がくさくなる、奇形になる、いなくなるなどのようなことがありました。

磯津の漁師たちが鈴鹿川へ流さないでほしいとうったえましたが、聞き入れてもらえませんでした。

四日市の空にコンビナートの煙が広がったとき、どう思いましたか?

ぜんそくが出始めたころから、煙の中にふくまれている亜硫酸ガス(二酸化イオウ)が、ぜんそくを引き起こす悪いガスと知られるようになりました。

「えんとつにふたをしてやりたい」と作文に書く小学生もいました。

煙突の高さはどれぐらいでしたか?

1955年に石炭を燃料として運転をはじめた三重火力発電所の煙突は、57.3メートルで、その後に作られた昭和四日市石油などはこれよりもひくい煙突でした。(1963年に運転をはじめた四日市火力は、最初から120メートル)

1963年秋、国の調査団が四日市へきて、煙突をもっと高くしなさいといいました。

それで、1965年ころから各工場とも100,120,150,200メートルと高い煙突をつくり、ガスを広い地域にばらまくことによって、工場に近いところをうすくするようにしました。しかし、工場から出すガスの量をへらさなかったので、このことがかえって、ぜんそくを広めることにもなったのでした。

ぜんそくのとき、外へ出てもだいじょうぶだったのですか?

ガスでおそわれないかぎりは、だいじょうぶとまではいきませんが、まあ、健康の人と見かけは変わりません。

塩浜病院に入院していた漁師の患者さんは、朝早く、伊勢湾の沖合いへ漁に出かけます。ガスがこないかぎり一日働いていて、夜は病院〔空気せいじょう病室〕で寝ます。外へ行くときは必ずといっていいほど、ぜんそく止めのけいたい用吸入器を持っていきます。

四日市ぜんそくにかかった人は何人ぐらいいましたか?

公害認定患者の年度別数でいくと、1975年(昭和50年)1140人でピークとなっています。この数は、新規患者数、認定取り消し、死亡者数などの現在数ですから、認定になった患者数はこれよりもずっと多い。また、認定を申しこまなかった患者もいるわけで、もっともっと多くの人数になります。

四日市ぜんそくにかかって、つらかったことはどんなことですか?

四日市ぜんそくになってみないことには本当のつらさは、わからないと言います。患者の小学生が発作が起きて苦しむと、たんすやふすまをひっかいたり、しがみついたり、「かあちゃん、殺して!」「死にたいわ」と苦しみます。つらいことを通り越しています。

また、ぜんそくがうつるであの子と遊んだらいかんと、友達のお母さんがその子に言ったり、『セキゴン』とともだちにからかわれることもありました。

大人の場合でも、入院患者がベットから落ち、『助けてくれ』って一言いって死んでしまいました。

ある人が「悪いこともしてないのに、なぜ、助けてくれって死なんならん、わしもそんな目にあうのかと思うと情けなくなる」となげいていました。

市民塾とは

logo1

四日市再生「公害市民塾」とは→こちら