Sidebar

perfect facebook Page plugin

磯津の歩道橋は、四日市公害裁判に勝訴した証。
塩浜小学校~磯津までのフィールドワークにて、四日市公害記録人で語り部の澤井余志郎氏が引率しました。

20130212105200 平成24年度の市内・市県外の小学校五年生の「公害語りべ」に関わった(ボランティア)小学校は25校になります。このうち、四日市市立は14校、市県外は11校。中学校は四日市市立3校。このほか、社会人など20団体となっています。依頼の多くは、小学校~直接、公害市民塾連絡先の山本勝治宛てと、市環境学習センターを通してなどがあります。四日市市立小学校へは語りべがその学校へ出向いて行い、市県外校は貸し切りバスで来るので、まず磯津の海岸に来て野田さんの説明を聞き、その後、塩浜小学校をお借りしての語りべ学習になります。

四日市公害の誇り部の皆さんへ

 先日は、お忙いしい中、子どもたちのためにご来校いただきありがとうございました。
 四日市公害裁判の原告患者の野田之一さんと支援者澤井余志郎さんらとの出会いによって、子どもたちは多くの事を学ぶことができました。あらかじめ学習を積んできたため問題意識を持って当事者の体験談を聞くことができ、有意義な時間となりました。また、子どもたちの心に染み入るように語りかけてくださる語り部の方々の人柄にも触れ、休み時間にもかかわらず多くの子が質問をしてしまい、失礼なこともあったかと思います。

 子どもたちの感想には、「野田さんたちが守ってきた四日市を今度は、僕たちが守らなきゃいけない。」「私たちは、この四日市市に住んでいるので、ぜんそくのこと、野田さんと澤井さんのこと、仲間たちのことを勉強できてよかった。」「四日市公害が二度と人々が苦しめることのないようにする事を大切にしたい。そのため、私ができる事を考え、実行したい。」「二人の生き様から、あきらめない、ことが大切だと思った。」など、子どもたちの心を揺さぶる聞き取りができました。
 また、自分たちの生活に置きかえて考えることもでき、クラスのいじめ問題を考えるきっかけとなりました。子どもたちは、公害によって起きた差別や偏見をクラスで起きていることと重ねあわせ、自分を振り返り、赤裸々なおもい綴り、澤井さんとその仲間たちのように、「自分にできる事を考え実行する」「自分の心の弱さを見つめる」ことができました。
 本校卒業生の榊枝さんの存在も大きく、当事者ではない榊枝氏がなぜ、市民塾のメンバーとなり、四日市公害を語り継いでいこうとしているのか、若い世代の話として、子どもたちは、とても興味深く話を聞くことができました。

 語り部学習後に、野田さんや澤井さんたちにメッセージを書こうという取り組みを行いました。
 つたない文章ではありますが、子どもたちなりに一生懸命考えて書いていました。お忙しいとは思いますが、お読みいただけたら幸いです。

5年生担任一同

 子どもたちの感想より

野田さん逝く

四日市公害裁判原告で語り部の野田之一さんが亡くなりました。

四日市公害を語る上で、とても大きな存在を失いました。ご冥福をお祈りします。

野田さん語録

野田さんの伝えたい思い

市民塾とは

logo1

四日市再生「公害市民塾」とは→こちら