Sidebar

perfect facebook Page plugin

第61回全国人権・同和教育研究大会が三重県(四日市・桑名・鈴鹿)で開催され、地元では四日市市が「人権のひろば展」として『四日市公害ー環境改善の歩み』を主催。そのパネル展について市民塾が委託を受け全面的に協力しました。環境保全課・環境学習センター(アクティオ)との協働作業で年表・写真パネルを制作し、会場の四日市市博物館市民ギャラリーに展示をしました。同時にスライドやDVDも映してビジュアルに力を入れました。

澤井余志郎

  1.  1966年(昭和41年)7月、公害認定患者の木平卯三郎(76)さんが、自宅め2階で首つり自殺。
     7月14日、政党・労租の公害対策協議会が“木平さんの死を無駄にするな”との市民集会を開催。塩浜病院に入院中で磯津の中村留次郎さんが「弱い者は束になって死ねというのか」と訴えた。
     中村さんは、「公害反対を気安く言うな。ぜんそく患者の本当の苦しみを知ったうえでやれ」と言った。患者は夜中から明け方にかけてひどい発作をおこすから、病室へ来て、一晩居ってみろとも言った。
     8ミリ映写機、カメラ、録音機を携え、夜に病室へ行った。ひどい咳、ぜんそく発作で苦しんでいる患者さんが居た。しばらくしてから、医者に「この空気清浄室には24人分の空気しかおくりこめないので…」と追い出されてしまい、もっとも苦しむ場面にはであうことわなかったが、苦しみはよく分かった。わたしになにか出来ることはなんだろうかと考えた。

  2.  こうした事態でも、行政、工場とも、手をこまねいているのみで、依然として公害被害はとどまることが無く、患者救済も進まない。この状況を打開するには、訴訟という手段を講ずるしかないと、公対協は弁護士さんたちに相談、公害ぜんそく裁判を起こすことにした。
     原告患者を誰にするかでは、もっとも被害の大きい磯津の、塩浜病院入院中の9人で、訴える相手の工場は鈴鹿川の北側に隣接する第一コンビナート六社となった。
     磯津は、四日市本土かちは鈴鹿川で切り離されている地形だけでなく、行政は木一本植えることもなくみ捨てている。
     磯津には100人ほどの公害認定患者がいた。なんとかその人たちが、患者の会を作って、公害裁判を支援するとともに、公害反対の運動を進める中心になればいいなと思った。
     そのまとめ役こなりそうな患者さんを訪ね、思っていることを述べ、下働きしますと言った。「帰れ」と言われた。「選挙になると、すぐにでも公害をなくすようなことを言い、ピラもまきにくるが、投票が終われぱあとは知らん顔、そんなものの言うことを信用できん」その日は、そう言われるのはもっともだと、引き下がった。
     しかし、選挙に利用しようなどとは全く考えていないことなので、このまま引き下がることはできない。おれはそんなんじやない、一人で役にたつことをしたいだけだ…、間をおいての、磯津通いを始めた。

野田さん逝く

四日市公害裁判原告で語り部の野田之一さんが亡くなりました。

四日市公害を語る上で、とても大きな存在を失いました。ご冥福をお祈りします。

野田さん語録

野田さんの伝えたい思い

市民塾とは

logo1

四日市再生「公害市民塾」とは→こちら