Sidebar

perfect facebook Page plugin

市民塾通信『こちら市民塾』№201 (5月8日)
コロナ禍で活動停滞!
新型コロナウイルス感染の世界的拡大で、あらゆる物事の活動が停滞を余儀なくされています。四日市でも全ての公共施設が閉館状態となっています。「四日市公害と環境未来館」は4月は開館していましたが「解説員」「語り部」の活動休止、5月に入って博物館・プラネタリウムも含めた「そらんぽ四日市」全体が休業となりました。

三重県における感染者は45名で4月24日以降発生していませんから、全国的に見れば軽症できていますが、まだまだ余談は許しません。何しろ県全体でPCR検査受検者は2084名だけですから、実態が把握できていないというのが問題です。いずれにしろ、ここまでの政府のとってきた対策は「後手」「不明解」「学習不足」総じて「機能不全」といったところです。全く情けないのですが、とにかく命を守るために今のところ「自粛」の生活を続けざるを得ません。

どうか皆さんくれぐれもご自愛ください。このブログも途絶えがちですが、フェイスブックでの更新は頑張りますので、そちらにクリックをしてご覧下さい。

例会も4月に次いで5月もお休みさせていただきます。ご了解ください。


市民塾とは

logo1

四日市再生「公害市民塾」とは→こちら