市民塾通信『こちら市民塾』№199(1月11日)
映画「朝霧」と講演のおしらせ
 1月18日(土)開催。1968年に日活が製作。公開は1971年、それもほんの一部でしか公開されなかった貴重な作品です。四日市公害との関わりは現地ロケが行われたという点にありますが、呼吸器疾患専門の若手医師が福井から四日市に研修・視察に来るという設定があります。当時の公害のひどさが写されます。若き日の和泉雅子、杉良太郎といった俳優が生き生きと演じている映像はオールドファンにとってたまらない魅力です。また、四日市では当時の塩浜病院の若手医師がエキストラとして出演しており、上映後に当該の医師(柏木秀雄さん)にお話をしていただきます。
 昨年1月25日に亡くなった野田之一(訴訟原告)さんの一周忌に近く、追悼の意味を込めての開催です。入場無料ですが先着80名限定となります。13:00開始ですが12:00には開場としますのでお早めにお越しください。
 会場は四日市市安島「そらんぽ四日市」(四日市公害と環境未来館)1階講座室です。
 市民塾1月例会はこの上映会に合流します。2月例会は15日(土)13:30~ じばさん三重活動室です。
 本年もよろしくお願いいたします。