Sidebar

perfect facebook Page plugin

市民塾通信『こちら市民塾』 №198 (8月15日)
四日市公害訴訟判決47周年「四日市公害を忘れないために」市民のつどい2019
 7月28日(日)開催。映画『あやまち』上映とトーク。この映画は1970年に東海テレビが制作したドキュメンタリーです。本編約50分ですが2009年の再放送版で、前後に各5分レポートが入っています。内容は静かな流れですが詩人・石垣りんさんの創作詞が岸田今日子さんの朗読によって流れ、50年後の現在にも褪せぬ強い力があります。公害のもっともひどかった70年代の映像ですが、考えさせられることがたくさんありました。「不朽の名作」と言っても過言ではないでしょう。
 後半のトークは当時の制作スタッフにお願いしました。ディレクターの大西文一郎さんとカメラマンの中島洋さん。いずれも80歳代半ばですが、制作当時は30歳代半ばの働き盛り。会社ににらまれたり、患者の撮影に苦労したりという初めて知るエピソードをたっぷり聞かせていただきました、70分にも及ぶお話しは参加者からの質疑も含み、中身の濃いものとなりました>
 参加者は会場満席で80名超という大盛況でした。ありがとうございました。
◎「市民塾」7月例会は「小中学生への自由研究サポート」と合わせて行います。ご参加よろしくお願いします。
  17日(土) 小中学生サポート 10:00~  14:00~ 各100分程度 
        例会は13:00~

   いずれも「じばさん三重」2階活動室です。


野田さん逝く

四日市公害裁判原告で語り部の野田之一さんが亡くなりました。

四日市公害を語る上で、とても大きな存在を失いました。ご冥福をお祈りします。

野田さん語録

野田さんの伝えたい思い

市民塾とは

logo1

四日市再生「公害市民塾」とは→こちら