Sidebar

perfect facebook Page plugin

市民塾通信『こちら市民塾』 №188 (8月27日)
新採研で野田さん語る(8月24日)
2018 08240077四日市市内の小中学校新採教職員研修会が「四日市公害と環境未来館」の行事として実施されました。市教育委員会からの委託を受けたものとして開館以来行われています。この日は2階展示場の見学と野田之一さんの講話がありました。野田さんは訴訟の元原告で今も通院を続ける患者さんです。86歳で若干足腰の弱さがありますが、口調はしっかりしていて体験を話してくれました。「漁師がうまい魚を獲って皆さんに喜ばれるように、皆さんもよい子どもを育てて下さい」とのメッセージが印象的でした。また「四日市公害のポイント」ととして「市民塾」伊藤が「語り部」講演。故田尻宗昭さんの言葉「公害は犯罪である」を引用して、単なる環境問題として終わらせないよう。また「公害は人権侵害」であるとの視点も強調しておきました。少しでも心に残ってくれればいいなと思いました。それにしても参加者40余名が男女とも例外なく白黒のフォーマルな服装でちょっとおどろきでした。でも折角の夏休み、研修を課せられる新採の皆さん、御静聴ありがとうございました。

◎ 「市民塾」9月例会について 定例は第3土曜日(15日)ですが、次週「四日市公害犠牲者合同慰霊祭」が開催されますので、その日(22日)に合わせます。 整理しますと以下のようになります。お間違いのないよう時間調整をお願いします。
  9月22日(土)10:00~11:00 「四日市公害犠牲者合同慰霊祭」四日市市北大谷斎場  
       13:30~15:30 「市民塾」9月例会 (「じばさん三重」2階市民活動室)

 


市民塾とは

logo1

四日市再生「公害市民塾」とは→こちら