Sidebar

perfect facebook Page plugin

市民塾通信『こちら市民塾』 №183 (5月15日)
四日市公害と環境未来館「語り部」活動
2018 05120044当館には7名の「語り部」が登録されています。2階常設展の「解説員」とは違って、団体研修のの要望に応じて交代で話をしています。最年長は原告患者の野田之一さんで86歳を過ぎています。その他、小学4年生で亡くなった谷田尚子さんの母親、塩浜地区の生え抜き住民、元コンビナート労働者など多彩な顔ぶれとなっています。 
 5月12日には名古屋の南山大学の学生40名(総合政策学部で環境調査方を学ぶゼミ生)が来館。1970年年代から四日市で公害反対運動に関わってきている伊藤が、話をさせていただきました。余り説明的にならないよう自らの体験も踏まえてのお話としました。四日市公害との出会いが「悪臭」であったこと、組合を通じて「公害訴訟を支持する会」の一員になったこと、「四日市公害と戦う市民兵の会」への参加等々。強調したいのは「四日市公害」は決して塩浜という一地域のみの問題ではないということです。決して過去のことではなく、将来にわたって繰り返されないという保証はどこにもありません。
 大学生という若い世代のみなさんにはぜひそのことを認識してもらいたいと思っています。
◎ 「市民塾」5月例会は19日(土)13:30~ 「じばさん三重」2階活動室です。ご参加お待ちしています。
  6月例会は16日(土)となります。
◎ 6月30日(土)にエコパートナー事業として「四日市公害を忘れないため」市 民の集い2018を開催します。テーマは「『公害トマレ』とその時代」です。詳細は追って案内します。日程調整をお願いします。


市民塾とは

logo1

四日市再生「公害市民塾」とは→こちら