Sidebar

perfect facebook Page plugin

市民塾通信『こちら市民塾』 №182 (4月24日)2018 04220020
拡大例会で活発に意見交換会
「市民塾」4月例会は拡大版。エコパートナーに呼びかけて「四日市公害と環境未来館」3周年を振り返っての意見交換を行いました。38団体に呼びかけましたが、返事のあったのが8団体。そのうち3団体4名の参加がありました。「市民塾」は9名、家族の会1名で合計14名でした。高校生から80代まで全員が発言し厳しい意見も交えて、市民サイド目線での指摘が相次ぎました。駅に近くなってアクセスはいいが、逆に現地から遠ざかってしまったので「現地学習」も取り入れと欲しい。展示は充実したが説明不足も多い。企業や行政の責任が明確にされていない。資料公開や閲覧が不十分だ。小中学校での公害学習の連携とプログラムの充実が不可欠等々、約2時間活発な交換会となりました。時間不足で消化不良の感は否定できませんが、また機会を設定してより一層の充実を図っていきたいと思います。大きな期待は難しいにしても「四日市公害と環境未来館」はできて良かった、市民の力で活性化を進めよう というのが全体の締めくくりでした。


市民塾とは

logo1

四日市再生「公害市民塾」とは→こちら