Sidebar

perfect facebook Page plugin

市民塾通信『こちら市民塾』 №179 (3月19日)
「四日市公害と環境未来館」開館3周年
2018 03180032 2015(平成27)年3月21日の開館以来、3年を経過しようとしています。入館者は累計で18万人に迫る勢いです。しかし、3年間の流れをみますと漸減状態で今年度は5万人ギリギリといったところです。内訳は追って紹介しますが、今後の積極的な方法が必要になってくるでしょう。またソフト面の充実や展示の見直しも必要になってくるでしょう。
 17日(土)3周年の記念行事は講演会。講師は元環境省地球環境審議官(現在は地球環境戦略研究機関特別研究顧問)の徳浜中裕徳さん。演題は『地球環境問題と私たち』。主として地球温暖化の分析とその対策についてのお話しでした。過去4年の世界平均気温の上昇は観測史上1~4位を記録している。気温上昇は2℃未満に抑制しないと地球の大半が水没しかねない。パリ協定を軸にした世界的機運は盛り上がっている。再生可能エネルギーなど脱炭素化が重要。新たな希望の時代の始まりとするために新たな智恵が必要。等々示唆に富んだお話しでありました。 聴衆約50人ですが一般市民の少なさが気になります。この日は「市民塾」の月例会でしたが重なりましたので合流しました。

 四日市再生「公害市民塾」4月例会は開館3周年を振り返っての意見交換会となります。例会は13:30から開始、交換会を14:00開始とします。ふるってご参加下さい。会場は「じばさん三重」2階ですが「研修室4」です。よろしく。


市民塾とは

logo1

四日市再生「公害市民塾」とは→こちら