Sidebar

perfect facebook Page plugin

市民塾通信『こちら市民塾』№172 (9月2日)
四日市市内の公共施設の活用を
四日市公害が四日市市内の海岸部、国道1号線以東の地域に多発したのは伊勢湾に面して石油化学コンビナートが建設されたのが原因です。建設後20年ほどこの地域は人口増で塩浜小学校などは1000人を超える児童が通っていました。しかし、大気汚染と言う公害が激しくなり、さらに23号線の交通量(特にトラック)の増加で環境が一層悪化します。その影響でこの地域の人口は減少するばかり。全国的な児童減少とも相まって小学生が激減し四日市ではこの地域の小学校が3校廃校となりました。2017 08250083
 ではその跡地(校舎)はどうなったのでしょう。この3校の建物は比較的新しくて取り壊されることなく、地域還元の公共施設としてリニューアルされています。納屋小学校は「なや学習プラザ」、三浜小学校は「三浜文化会館(カリチュール三浜)」、東橋北小学校は「橋北交流会館」(写真)となっています。それぞれに個性を持たせていますがいずれも「貸館」として会議室などが利用できます。もちろん有料ですがけっこう割安です。近鉄近くに四日市公害と環境未来館ができて便利にはなりましたが「公害の現地」から遠くなったのは否めません。これら3館はまさに「現地」にあります。精々利用してみてはいかがでしょうあか。詳細は四日市市のHPに掲載されています。
◎「四日市公害犠牲者合同慰霊祭」9月23日(土)10:00~11:00 
       四日市市北大谷斎場慰霊碑前
◎「市民塾」9月例会は16日(土)13:30~「じばさん三重」2階活動室。

 


市民塾とは

logo1

四日市再生「公害市民塾」とは→こちら