Sidebar

perfect facebook Page plugin

市民塾通信『こちら市民塾』 №168 (5月13日)
四日市の砂浜がまた消えていく・・・。
2017 05120651 四日市市は伊勢湾に面していて、北部にはいくつかの海水浴場があってにぎわっていました。それがそれが昭和30年代後半から工場立地の埋立により次々と姿を消していきました。引き替えに石油化学コンビナートが建設され大気汚染と海水汚濁という「公害」が発生しました。辛うじて最南端の磯津海岸には砂浜が残り、鈴鹿側河口では潮干狩りも可能でした。しかし、この一帯もまた様変わりをしつつあります。
名目は「高潮対策」となっていますが「養浜工事」とも記されています。これまでの砂浜と海面を埋め立てて堤防道路の同じ高さにしてしまおうというわけです。次々とダンプカーが走ってきた土砂を投入していきます。
 さらにそこから南へ1㎞ほど行きますと楠町吉崎海岸では下水処理場の拡張工事が行われ埋め立て工事が進んでいます。コンクリートで容積が築き上げられその内部に、ここでもダンプが土砂を投入していきます。最後の砦とも言うべき四日市南部の砂浜は次々と消えていきます。これではウミガメさんがやって来るはずはありません。四日市市民はもっと関心を持って欲しいと思います。


◎7月22日「四日市公害を忘れないために」市民の集い2017   を開催します。四日市公害訴訟判決45周年行事として、水俣から山下善寛さん(元チッソ労組委員長)に来ていただきます。ご予定をお願いします。

◎「市民塾」例会 5月20日(土)13:30~ 「じばさん三重」2階 参加お待ちしています


市民塾とは

logo1

四日市再生「公害市民塾」とは→こちら