Sidebar

perfect facebook Page plugin

市民塾通信『こちら市民塾』 №160 (10月8日)
「四大公害病の語り部講話を聴く集い~語り部による伝承会~」
2016 1008001210月1日富山市の県立イタイイタイ病資料館にて開催されました。水俣病資料館(前田恵美子さん)、新潟・環境と人間のふれあい会館(稲垣シズヱさん)、富山イタイイタイ病資料館(大上久彦さん)、そして四日市からは四日市公害と環境未来館「語り部」として伊藤三男。以上4名がそれぞれの思いや体験・現状などを報告しました。
 水俣の前田さんは現在62歳ですが3歳の時に発病、時間が経つにつれて症状が重くなり、今では会話や歩行がスムーズにいかず「支援員」の補佐を得ながらの報告でした。稲垣さんは自らが患者であり小学生に語り継ぐ営みを続けています。また大上さんは祖父が患者であったとのことで、家族全体の苦しみを背負ってこられました。四日市からは四日市公害の特色と資料館の現状などを報告しました。今なお終わることのない「公害」の現実を改めて実感させられました。
 なお会の冒頭で富山の鏡森館長から「四大公害病」という規定について最近、大分の「ヒ素中毒公害」関係者から疑義が出されているとのお話しがありました。確かに「四大」は「公害訴訟」に掛かるわけですから、「公害病」を水俣・新潟・富山・四日市の4件に限定することはそろそろ改める時期に来ているように思われます。
◎ 市民塾10月例会は予定通り15日(土)13:30~ 「じばさん三重」2階活動室です。ご参加お待ちしています。
 


市民塾とは

logo1

四日市再生「公害市民塾」とは→こちら