Sidebar

perfect facebook Page plugin

市民塾通信『こちら市民塾』 №193 (1月28日)
訃報「野田之一さん」逝去。
 12019 0126 181246 IMG 6047月25日、四日市公害訴訟原告の中でただ一人ご存命だった野田之一さんが亡くなりました。87歳。謹んでご冥福をお祈りします。4年前に亡くなった「語り部」同志・澤井余志郎さんの亡くなった年齢と同じでした。野田さんは漁師をやりながら30歳過ぎに大気汚染のため呼吸器疾患を発症、1965(昭和40)年四日市市によって「公害患者」として認定されました。その後1967(昭和42)年の公害訴訟に他の8名ととも原告として参加。5年間の係争を経て原告患者側全面勝利の判決を勝ち取りました。
 2000(平成12)年頃から澤井余志郎さんとともに小学校への「語り部」活動(出前授業)を開始、2015(平成27)3月「四日市公害と環境未来館」開設以降は館内での「語り部」として、来館者に向けて自らの体験を語り続けていました。特に小学生に対する講話は具体的でわかりやすく、子ども達に握手を求められることもありました。
 昨年12月に「サービス付き高齢者住宅」に入居していましたが、今年になって中旬頃から体調を崩し持病の「気管支喘息」に肺炎を併発し不帰の人となりました。四日市公害と闘い、その体験を語り継ぐ重要な存在であっただけに、喪失感も大きく残念でなりません。しかし、その財産を引き継ぐことが残された我々の重大な任務と考えています。心して頑張っていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。
◎「市民塾」2月例会は16日(土)13:30~ 「じばさん三重」2階です。野田さんのこと詳しくお話しします。
なお野田さんへの追悼の集まりは「四日市公害と環境未来館」と相談の上、機会を設けたいと思います。また告知させていただきますので、ご了承下さい。

 

市民塾通信『こちら市民塾』 №192 (12月20日)
澤井余志郎さんを偲んで (12月15日開催)
2018 1215 150356 IMG 57722015年12月16日に亡くなった丸3年が過ぎ去ってしまいました。一年ぶりの「集い」となりました。今回は2部編成でした。
前半 『四日市公害百題+10』出版披露。昨年出版の『・・・+α』の完成版。重要10項目を抽出して解説版として付加しました。さらに年表や地図、そして澤井さん撮影写真の「抄」も掲載しました。ガイドブックとして貴重資料と自負しています。
後半 「澤井さんを偲ぶ集い」今回は澤井さんのご長女・阿部美千代さんにご登場願って、澤井さんの私的な側面からお話しをいただきました。忙しく「記録」を続けながらも子煩悩で可愛がってもらったこと、幾度かの病魔に打ち勝って復活していたこと、総じて「心ともに強い人」だったとのお話しでした。会場では澤井さんの原稿掲載の雑誌や、撮影写真のパネル等の掲示も行い、25人ほどの集まりで和やかな雰囲気でした。
若手の大学研究者や高校生の参加もあり、継続が現実化していることを嬉しく思いました。
◎ 「市民塾」例会 1月19日(土)13:30~ 「じばさん三重」2階活動室
   ・どなたで3も参加いただけます。

市民塾通信『こちら市民塾』 №190 (11月8日)
野田之一さんを訪ねました。
2018 1107 150054 IMG 5510四日市公害訴訟の原告9人の中で、唯一ご存命の野田さん。まもなく(12月16日)で87歳となります。今も「四日市公害と環境未来館」の「語り部」として、主に小学生相手に体験をお話しされています。語り口調はお元気ですがさすがにご高齢となり、足腰の衰えは如何とも致しかたありません。同じくご高齢の奥さんとの二人暮らしのため、さらにバリアフリーの施されていない旧来の住宅ということもあって、日常生活はなかなか大変です。

最近は近くの介護施設へ「ディサービス」を受けるため、週4日出かけます。訪問介護も受けたりしてなんとか頑張っています。「公害病」のひどい発作はおこりませんが、高齢者としてのご苦労は並大抵ではありません。時々訪問してようすを見に行くのですが、まだまだ元気でいてもらいたいと切に願っているところです。

 

◎ 「市民塾」11月例会は17日(土)13:30~ 「じばさん三重」2階です。
   12月例会は15日(土)となります。澤井さんの命日(16日)にちなんで拡大し、さらに冊子『四日市公害百題+10』の出版  披露も兼ねて行います。日程の調整をお願いいたします。

 

市民塾通信『こちら市民塾』№191 (12月7日)
澤井余志郎さんを偲んで「集い」と「出版」
この12月16日で澤井さんが亡くなってまる3年が経過します。「四日市公害と環境未来館」を訪れる人の中には、澤井さんを知らないという方もみえます。「風化」とは怖い物です。そうはさせじと、「市民塾」は「偲ぶ会を催します。12月15日(土)が例会ですので「拡大版」として呼びかけています。当日は澤井さんゆかりの写真や書籍を展示し、参加者で思い出を語り合いたいと思います。また、先だって「出版披露」を行います。四日市公害に関するハンドブックとも言える『四日市公害百題+10』を作成しました。B5判(64ページ)の小冊子ですが、四日市公害の基本事項をまとめました。澤井さんの写真や年表も加えました。500円(税)で販売します。予約も受け付けています。この日以降は「そらんぽ四日市」(四日市公害と環境未来館)1階のミュージアムショップで販売します。遠方の方は「市民塾」に申し込んで下さい。郵送します。090-3151-8971かこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 まで。


IMG 20181203 0002

市民塾通信『こちら市民塾』 №189 (9月26日)
第36回「四日市公害犠牲者合同慰霊祭」9月22日、四日市市立北大谷斎場
2018 0922 101631 IMG 5324 前夜来の雨も上がり少し蒸し暑かったのですが、つつがなく執り行われました。内容はほぼ例年通りで黙祷に始まり遺族代表の物故者名簿奉納の続きます。昨年からの一年間でさらに13名が亡くなり、合祀の合計は1068名となりました。合祀を望まれない方もみえますので亡くなった方の実数は+数百名と思われます。
 さらに供花は野田之一さん(神長さんが同行)。四日市市森市長と市議会議長の追悼の辞があり、参列者全員による献花。続いて若者からのメッセージ。今年は四日市工業高校1年の新田亜依さん。彼女は中学生の頃から四日市公害に関心をもち、四日市公害と環境未来館や「市民塾」行事に参加をしながら、若者として役割を自覚するようになりました。家族の会からの推薦もあって今回の発表となりました。はきはきとした口調で参加者の共感を呼びました。
 参会者は焼く80名でしたが、マスコミ取材が例年より多いようでした。当日のTVニュースや翌日の新聞が取り上げました。なお地元ケーブルテレビはHPの中の「ストリーミング放送」で1ヶ月間再放送しています。「CTY」で検索して下さい。写真は献花する野田之一さん。12月には87歳になります。

◎「市民塾」10月例会は20日(土)13:30~ 「じばさん三重」2階活動室。

市民塾とは

logo1

四日市再生「公害市民塾」とは→こちら