Sidebar

perfect facebook Page plugin

市民塾通信『こちら市民塾』 №166 (3月13日)
「四日市公害と環境未来館」開館2周年!
IMG2015年3月21日の開館以来間もなく2年が過ぎようとしています。その間 最大の功労者とも言うべき澤井余志郎さんが亡くなり、田中市長も退任をされました。残念な事実ではありますが入館者は当初予想を上回っています。初年度で7万人超、今年度で6万人超と合わせて13万人に及ぶ盛況ぶりです。しかし、今後もの勢いを持続して行くには対外的には広報を、内部的には展示や講座など一層の充実を図っていかなければなりません。「市民塾」としてはチェックの役割を果たしながら協力体制を気づいていきたいと思っています。
 2周年行事として18日~19日に集中的に開催されますのでふるってご参加下さい。いずれも入場料・事前申し込みともに不要です。
18日(土)原告唯一の現役「語り部」 野田之一さんのお話し
         (13:30~15:00) 1階講座室

19日(日)解説員によるツアーガイド
         (14:30~約1時間)2階展示室 18日、20日も随時解説員が待機します。

20日(月)講演会「地球温暖化に関して」(江守正多さん)
            (13:30~15:00) 1階講座室

市民塾通信『こちら市民塾』 №165 (2月7日)
「四大公害語り部のつどい」水俣で開催(1月28日)
2017 012801061970年当時に争われた4件の公害訴訟(富山イタイイタイ病・新潟水俣病・熊本水俣病・四日市ぜん息)「四大公害訴訟」として歴史に刻まれています。提訴以来既に50年が過ぎ、各地に公立の公害資料館が出来ています。この度、水俣病資料館のリニューアルと「水俣病50年」の記念として4地区の交流会が開催されました。各資料館から職員と「語り部」が2~3名が参加をして、それぞれの現状を報告し、成果や課題を話し合うという盛りだくさんな内容でした。28日9:30~16:00のハードスケジュールでしたが実り多い一日となりました。
各地に共通しているのは「語り部」が高齢化することによる後継者の問題です。時間とともに風化の危機にさらされる公害問題ですが、こうした会合を通じて多くの人たちに語り継いでいくことが不可欠です。しかし、「語り部」自身はいずれも熱い思いを、反公害の志に満ちあふれていました。その他国立・県立の施設見学や現地の視察も行われました。詳しくは「市民塾」2月例会で報告します。


◎ 四日市再生「公害市民塾」2月例会=18日(土)13:30~ 「じばさん三重」2階市民活動室 参加お待ちしています。


市民塾通信『こちら市民塾』 №163 (12月20日)
澤井余志郎さん「一周忌の集い」

命日の翌日に当たる12月17日(土)市民塾拡大例会として開催しました。会場を四日市公害の「原点」ともいうべき塩浜地区(三重健康2016 12180029増進センター[ヘルスプラザ])に移しました。1994年まで三重大学附属塩浜病院のあった場所です。公害患者の駆け込み寺でした。
午前(11:00~12:00)会場周辺のフィールドワーク。鈴鹿川堤防に上がり塩浜小学校を遠望しながら説明を聞きました。磯津橋から平和町跡地を確認し昭石前を通過して塩浜小学校。質疑をしながらの徒歩で1時間を超えるほどでした。ベビーカーの0歳児も含めて20名の参加でしたが、現地を歩くことによって改めて「四日市公害」の構造が見えるようでした。
午後(13:00~15:00)研修室にて「一周忌の集い」全員で黙祷を捧げました。在りし日の澤井さんの姿を写したビデオ映像を鑑賞し係り翔言葉に耳を傾けました。次いで野田之一さんから思い出話。「わしらのとっては神さんのような存在やった」という一言が全てを表しているようでした。会場参加者からも澤井さんへの思いが語られました。教員・患者・支援者等々いろんな角度からの発言で、澤井さんの人柄が偲ばれました。そして、最後の締め括りに野田さんが澤井さんの御遺族(娘さん)に近寄り、「お父さんを取ってしもてごめんな」とサプライズ!さすが野田さんという一幕でした。参加者は取材陣も含めて約50名。暖かい雰囲気のいい「集い」となりました。感謝です。
なお、全くの偶然ですが12月16日は野田さんの誕生日(85歳)でもあり、いったん「集い」を閉じて、お祝いの「杖」を贈呈しました。

 

市民塾通信『こちら市民塾』 №164 (1月8日)
2017(平成29)年の始まりです。本年もよろしくお願いいたします。
2017 01040030干支で言えば「酉年」。敗戦の年が酉年でしたから、数えて72年となります。そして四日市公害訴訟の判決から45年です。節目の年として心を新たにしたいと思います。四日市再生「公害市民塾」も結成以来20年目を迎えます。1997(平成9)年7月24日に「四日市公害訴訟判決25周年」を開催。主催は「四日市公害と戦う市民兵の会」関係者と弁護団でした。そして翌月の8月から月一回の「例会」を軸に据えながら、四日市公害に関する情報収集や資料の整理、「語り継ぐ」作業などを行ってきました。
大がかりな運動が展開できたわけではありませんが、四日市公害資料館建設要望は根気強く継続し、2015年3月「四日市公害と環境未来館」開設にこぎ着けたのは大きな成果だと思っています。
一昨年12月に澤井余志郎さんが亡くなり、原告患者・野田之一さんも85歳など裁判当時活躍した方々がほとんど80歳を超えています。「四日市公害」問題を風化させることなく継承すること。さらには「反公害」の意志を絶やさずに伝えていくこと。これらの作業は終わることがありません。また一年よろしくお願いします。(写真は新年の磯津漁港)
「市民塾」例会は今まで通り「第3土曜日」 会場は「じばさん三重」2階活動室です。1月は21日(土)13:00~となります。「一年の計」を語り合いたいと思います。気軽にご参加下さい。

市民塾通信『こちら市民塾』 №162 (11月23日)
澤井余志郎さん「一周忌」の集い 開催します。
2013 08060016 2昨年12月16日に亡くなってもうじき一年となります。「四日市公害と環境未来館」の盛況をみるにつけ、澤井さんの残してくれた功績の大きさを改めて感じる昨今です。一周忌に故人を偲んで「集い」を行います。市民塾例会の拡大版としますが、どなたでもご自由にご参加いただけます。事前申し込みも参加費も不要です。四日市公害の原点・塩浜へ出かけます。ぜひご参加下さい。

 12月17日(土) 三重北勢健康増進センター(ヘルスプラザ)1階研修室  10:00 開場します。

1,午前の部:11:00ー12:00
  会場周辺フィールドワーク 塩浜小学校~磯津橋~平和町跡地~コンビナート周辺

2,午後の部:13:00ー15:00
  「一周忌の集い」 在りし日の澤井さんの映像 「語り部」活動
  野田之一さんのお話
  ご家族・仲間などからの発言
 会場には澤井さんゆかりの写真・書籍・物品などを展示します 

会場は近鉄「塩浜」駅から東へ徒歩10分(塩浜小学校西。かつての塩浜病院のあった場所)です。
   服装は平服でお越し下さい。

市民塾とは

logo1

四日市再生「公害市民塾」とは→こちら