Sidebar

perfect facebook Page plugin

市民塾通信『こちら市民塾』№123 (2月26日)
『きく・しる・つなぐ 四日市公害を語り継ぐ』いよいよ刊行!
2月23日 四日市市市政記者クラブにて記者会見をしました。実物はまだ完成していないのでカバー写朝日新聞朝日新聞 平成27年2月24日(木)真と目次を提示して説明。記者諸君も昨年の「市民塾・土曜講座」は取材しているので、要領よく話は進みました。写真もパシャパシャ撮って約30分で終了。果たして記事の出来映えはいかに!
 24日に「朝日」「伊勢」 25日が「中日」「毎日」そして26日「読売」と5紙出そろいました(写真は朝日)。いずれも4~5段の扱いで写真入りのけっこう目立つ記事となっていました。顔写真はいささか気恥ずかしいのですが、これも大事な宣伝です。おかげで問いあわせ電話もちらほらあってその効果はやはり大きいようであります。問題は当日 どれくらいの人が来てくれるかです。

出版記念の集いは来週 3月7日(土)午後1時30分。
四日市本町プラザです。お待ちしています。

市民塾通信『こちら市民塾』№122 (2月11日)
DSCF4538 2昨年1月~7月に開催しました「四日市公害を忘れないために」市民塾土曜講座の全記録『きく・しる・つなぐ 四日市公害を語り継ぐ』 間もなく出来上がります。その出版記念の集い を開催します。
3月7日(土)午後1:30 四日市市本町プラザ1階ホール
  内容は「対談と意見交換と語り合い」の会です。対談は本書「まえがき」の筆者(国際基督教大学教授・池田理知子)と「まえがき」の筆者であり編集担当(伊藤三男)でおこない、その後参加者との話し合いとなります。合計約2時間の予定です。
3月21日には「四日市公害と環境未来館」がオープンしますので、それに向けて本書の有効な活用法も考えたいと思います。なによりも「つなぐ」ことが最大のテーマです。ぜひご参加下さい。
なお、本書は後日一般書店でも販売されますが、この日が「先行販売」となりますので、ぜひ会場でお買い求め下さい。2,000円(+税)。
A5判260ページ。名古屋の風媒社からの出版です。
                       詳しくは090-3151-8971(伊藤)まで。

市民塾通信『こちら市民塾』№ 120 (1月15日)
「四日市」を知るために見聞を広めよう!
1,四日市市「語り部・解説員」養成講座バスの旅。新年早々9日は大阪へ向かいました。メインは西淀川ですが、まずは大気汚染現地DSCF4398DSCF4476の国道43号線へ。騒音と自動車の排気ガスに囲まれて小学校があります。そのため交通緩和を狙って湾岸道路の利用を促したり、トラックの通行を道路内側に誘導したりいろいろ努力があるようです。さらに海抜(-)の宅地が密集していてつい、「四日市の住環境の方がいいかも」等と思ってしまいます。いずれにしても一度悪化した環境を改善するのは並大抵のことではありません。
2,「あおぞら財団」は正式には「公害地域再生センター」といいます。西淀川地域全体の再生のためにさまざまな事業を行っていますが、拠点となるビルは駐車場もなく、床面積60㎡ほどフロアを3階分使用していますが、資料保管庫などはもう飽和状態です。人手も予算も不十分です。詳しくはHPをご覧の下さい。
3,三重県にはいろんな資料館があります。一つは「熊野古道センター」で尾鷲市にあります。尾鷲桧を組み合わせたユニークな建物で、世界遺産となった熊野古道にまつわる展示があります。また熊野市の西部・紀和町(もうすぐ奈良県!)に「鉱山資料館」があります。これはかつて石原産業が参加した鉱山関連と言うことで、四日市と無縁ではありません。資料はなかなか貴重ですが、来館者は少なく存続が危ぶまれているようです。

市民塾通信『こちら市民塾』№121 (1月28日)
お知らせー市民塾例会の変更について
四日市再生「公害市民塾は1997年発足以来、月1回の例会を開催し諸課題に取り組んできました。若干の曲折はありましたが毎月第4月曜日の夜、会場は「なや学習プラザ」研修室利用を続けてきました。しかし、今般、この3月21日に「四日市公害と環境未来館」開設に伴い会場と日時の変更を行うこととなりました。従いまして、毎月第4月曜「なやプラザ」は1月例会をもちまして中止とさせていただきます。今後につきましては以下のように進めて行きたいと思いますので、お間違えのないようご了解をお願いします。
IMG 2◎ 2月例会=2月14日(土)午後1時、:本町プラザ4階(環境学習センター)もしくは6階。3月からは博物館に隣接する「じばさん三重」2階に開設されます「活動エリア(活動室または交流室」が利用できますので、そちらに移動します。曜日・時間については現在検討中です。左の絵がイメージとなっています。今後ともよろしく御願いいたします。
◎ 昨年実施しました市民塾土曜講座の報告集が間もなく完成します。つきましては下記のようにお披露目セレモニーを開催します。
  3月7日(土)午後1:30~  四日市市本町プラザ1階ホール 「きく・しる・つなぐ~四日市公害を語り継ぐ」出版記念の集い です。
  当日 できあがった本を販売しますのでふるってご参加下さい。  2,000円(+税)です。詳しい案内チラシは間もなくできます。

市民塾通信『こちら市民塾』 №119 (12月30日)

充実の一年でした。ありがとうございました。IMG 0002
1月9日の三菱マテリアル爆発事故で始まった2014年でしたが、いろいろと実りの多い一年でもありました。振り返ってみましょう。
① 何よりも「四日市公害を忘れないために」市民塾土曜講座の開講です。10回連続でしたが毎回満席で大成功でした。
② 来年2月には報告集が出来上がります。タイトルは『きく・しる・つなぐ 四日市公害を語り継ぐ』 (風媒社・2000円)。これを武器に来年度はさらにステップアップしたいと思います。
 「四日市公害と環境未来館」が来年3月21日オープンが正式決定しました。設置工事も順調に進んでいます。
⑤ 「環境」「平和」「子ども」「人権」のテーマに関する展示会に写真パネルを出展し入場者に解説を行いました。         
⑤ 小学校などへの四日市公害「語り部」学習を展開しました。 
⑥ 四日市市立三浜小学校が廃校となり塩浜小学校に統合。馴染んだ校歌が新しく変更されました。
来年も忙しくなることと思います。よろしく御願いいたします。

市民塾とは

logo1

四日市再生「公害市民塾」とは→こちら