Sidebar

perfect facebook Page plugin

市民塾通信『こちら市民塾』 №135 (8月13日)

四日市再生「公害市民塾」近況報告。

2015 08090013

 3月の「四日市公害と環境未来館」オープンに伴い、隣接する「じばさん三重」2階に「市民活動室」が開設されました。ここは四日市市の「エコパートナー」として登録をすると無料で使用することができ、「市民塾」も月例会場所として利用しています。また例会内容も毎回『きく・しる・つなぐ 四日市公害を語り継ぐ』をテキストにしており、従来とは違った方たちが参加をしてくれるようになっています。4月以降10名前後で8月は12名でした。判決直後の1972年9月に亡くなった谷田尚子さん(当時小学4年生)を偲んでの話し合いとなりました。母親の輝子さんにも参加をいただきました。尚子さんをテーマにしたマンガを制作中の矢田恵梨子さんからも意気込みを聞かせてもらえました。9月中には完成の予定ですのでご期待下さい。

◎「四日市公害と環境未来館」は夏休みに入って入場者も多く、特に小中学生が多いようです。夏休みの「自由研究」のテーマにしていて、熱心にノートに書き留めています。四日市大や三重大の講座も開設され「四日市公害」の学習が広まっているようです。ただ、「四日市公害に市民がどう向き合ったのか」→ 「反公害運動」に触れられていることが少ないようです。「市立資料館」の弱点と言えるわけで、これを補うのが「市民塾」の役割だと考えています。市民サイドの視点をどう打ち出していけるのか。ぼちぼち整理していきたいと思います。

◎「市民塾」9月例会は19日(土)13:30~ 「じばさん三重」2階。テーマは「野田之一」さんです。 
◎「四日市公害犠牲者合同慰霊祭」9月26日(土)10:30~ 四日市市営北大谷霊園にて。

市民塾通信『こちら市民塾』 №134 (7月30日)
「四日市公害と環境未来館」入場者3万人到達!
2015 072900243月21日の開館以来順調に増え続けていました入場者は7月28日に3万人に到達しました。しかも市内の楠中学校の中学生グループで館より記念品が贈られました。「数」のみを重視してもしかたありませんが、折角の資料館です。やはり大勢の方に見ていただくのが何よりです。さらにこの資料館で大切なことは「解説員」の存在です。小中学校などの団体には「語り部」が対応していますが、日常的な不特定多数の入場者には「解説員」が声かけをしながら、説明を加えています。養成講座を受けて10数名が登録されており、交代でシフトを組んでいます。平常は土日のみですが、夏休み中は平日も行っています。水色の制服を着て1~3人程度が半日ずつ交代です。単なる一方的な説明だけではなく、相互に会話も楽しみながら説明を加えます。会場内で見かけられましたら気軽に声をかけて下さい。
◎ 四日市再生「公害市民塾」8月例会は「8日(土)」です。ごご1時30分~ 「じばさん三重」2階市民活動室です。
  『きく・しる・つなぐ 四日市公害を語り継ぐ』ご持参下さい。第4回「公害で我が子を失った母の思い」です。参加無料。

市民塾通信『こちら市民塾』 №132 (7月1日)
〝「四日市公害を忘れないために」市民の集い2015〟を開催します。IMG
7月20日(月・祝)13:30開始(開場は13:00)。
  会場は四日市公害と環境未来館(博物館)1階「講座室」。

 ◎映画「白い霧とのたたかい」 (1967年三泗地区労製作。30分)。もとは8㎜映像のため画質が多少荒れていますが、訴訟前の四日市公害の惨状がよく写されています。48年前の四日市を知ることで「反公害」の意識を高めたいと思います。
◎講演「四日市公害と私」柏木秀雄さん (元塩浜病院医師)。「四日市ぜん息」の発生当時をご存じの「生き証人」。現在も現役医師としてご活躍中ですが、患者さん達との関わりなど興味深いお話を伺うことができると思います。
◎語り部トーク 野田之一さん・澤井余志郎さん。 お元気なお二人のトークをお楽しみ下さい。
  四日市市と四日市再生「公害市民塾」の共催です。もちろん入場無料。駐車はJAパーキングご利用で無料券が出ます。案内ちらしご希望の方はご連絡下さい。090-3151-8971へ。
● 「市民塾」例会について。7月は予定通り18日(土)13:30~
じばさん三重2階で。「塩浜からみた〝四日市公害〟」です。

  8月例会は15日(第3土曜)がお盆と重なりますので、
                                        一週早めて8日(土)とします。お間違いのないようにお願いします。

市民塾通信『こちら市民塾』 №133 (7月16日)
「四日市公害を忘れないために」市民の集い2015 
映画『白い霧とのたたかい』について
この映画はIMG 21967年9月に、三泗地区労働組合協議会(三泗地区労)によって製作された作品です。つまり同年9月1日に提訴された四日市公害訴訟直前の四日市の生々しい現実が映されています。撮影は当時のプロが協力をしてくれて、30分に収められています。8㎜をダビングしているため画像が荒れていますが、ナレーションは明瞭です。機関誌(このタイトルは「四日市公害訴訟を支持する会」の機関誌名)には「製作意図」として次のように書かれています。『四日市のような石油化学コンビナートの既設地では、「公害は発生源で解決する」ことであり、公害によって被害を受ける住民が、発生源で解決されるよう市・県・国・企業をしてそうさせる。つまり「公害反対運動は住民闘争ですすめる」ことだと考えます。この映画は、その二つの基本について成果をあげていくことをねがって製作しました』。
こうした製
作者の意図をしっかりと学び取っていきたいと思います。ちなみに「地区労」はその後の労働運動の再編成の過程で消滅し、当時の自治労や教組が分断状態にあるのは残念なことです。
◎ 「市民の集い2015」は20日(月・祝)13:00開場 13:30開始 「四日市公害と環境未来館」1階講座室。参加無料。
◎ 四日市再生「公害市民塾」7月例会 18日(土)13:30 「じばさん三重」2階活動室。どなたでも参加フリーです。

 

市民塾通信『こちら市民塾』 №131 (6月17日)
市民塾6月例会のお知らせ
6月20日(第3土曜日)13:30~  。「じばさん三重」2階市民活動室。『きく・しる・つなぐ 四日市公害を語り継ぐ』勉強会。
今回のテーマは土曜講座第2回「四日市公害訴訟を支えた人たち」です。1967年9月提訴→1967年7月判決の訴訟は第1コンビナート02 四日市訴訟第4回口頭弁論3支持する会横幕68.5246者を被告として、9名の公害患者が原告となって争われたのはご存じのところですが、そのたたかいを支えた支援者のことはあまり大きく取り上げられることがありません。組織的にカンパや動員・署名といった形で5年間支え続けていたのは「四日市公害訴訟を支持する会」でした。主力は自治労(市役所の職員組合)と日教組(教職員の組合)でした。土曜講座ではその「支持する会」の事務局長として活躍された岸田和矢さん にお話を伺いました。大所帯であったために個々の活動に至らず批判される面もありますが、やはり「支持する会」が大きなバックボーンになっていたのは確かな事実です。今回はその意義を改めて学び、今後の教訓としていきたいと思います。
◎ 7月20日(月・祝)「四日市公害を忘れないために」市民の集い2015 を開催します。四日市市と市民塾の共催です。詳しくは例会で提案します。
◎ 「四日市公害と環境未来館」の入場者が6月13日(土)に2万人に達しました。開館以来3ヶ月弱での到達です。

市民塾とは

logo1

四日市再生「公害市民塾」とは→こちら