Sidebar

perfect facebook Page plugin

市民塾通信『こちら市民塾』 №126(4月8日)
四日市再生「公害市民塾」月例会のお知らせ
「公害市民塾」はこれまで例会を毎月第4月曜日に、「なや学習プラザ」で行ってきましたが、「四日市公害と環境未来館」の開設に伴い、DSCF4538今後は以下のように開催していきます。皆様方のご参加をお待ちしています。
○ 日時 毎月第3土曜日 午後1:30~ (約2時間程度) 
○ 会場 「じばさん三重」2階市民活動室 近鉄四日市駅西・博物館隣JAパーキングご利用で無料駐車券が出ます。
 参加費 無料 但し『きく・しる・つなぐ 四日市公害を語り継ぐ』(風媒社)を  テキストに使用しますので、必ずご持参下さい。お持ちでない方は書店・ミュージアムショップ・市民塾でお買い求め下さい。2,160円(税込)です。
○ 内容 テキストによる四日市公害の学習、情報交換、意見交換などを中心にして「四日市公害を語り継ぐ」こと、公害資料館の活性化を目指していきたいと考えています。ゆったりと話し合っていきましょう。
○ 4月は18日(土)13:30 です。5月は16日(土)となります。
◎ 「四日市公害と環境未来館」は土・日は解説員が交代で担当します(市民塾山本・伊藤もメンバーです)。 平日は市民塾(山本・伊藤)で独自に案内できます。当面 火・木=山本 水・金=伊藤三 で担当します。ご希望の方は事前にお申し込み下さい。(山本・090-9128-8293  伊藤・090-3151-8971 へご連絡下さい)   

DSCF4778市民塾通信『こちら市民塾』 №125(3月27日)
「四日市公害と環境未来館」堂々のオープン。
念願の「四日市公害資料館」が3月21日(土)オープンしました。 「記念式典」は「じばざん三重」で関係者200人ほどを招いて開催。入院DSCF4755中だった野田之一さん も元気な姿を見せて挨拶。何よりでした。そしてハイライトは田中市長から澤井余志郎さんへの感謝状贈呈。今回の資料館は澤井さんの写真など含めた膨大な資料なしでは成立し得なかったわけですから、当然のことと思います。参列者は吉田克己さん、宮本憲一さん、野呂汎さんなどがありました。その後は博物館移動し1階でテープカット。澤井・野田・谷田のお三人が並ぶ姿に感慨深いものがあります。一般公開は午後1時からとなりました。

市民塾が独自に呼びかけた「解説ツアーには30名が参加。2班に分かれて約1時間かけて2階を回りました。皆さん熱心で好評だったと思います。今後もこうした企画は考えていきます。
オープンして今日で一週間になりますが資料館部分への入場者は「盛況」と言っていいでしょう。館内のレイアウトもよくて、「被害」を伝えようという意図が明確で、見る人を引きつける強さが感じられます。でも、ここからが勝負です。全国からの入場者をお待ちします。

市民塾通信『こちら市民塾』№123 (2月26日)
『きく・しる・つなぐ 四日市公害を語り継ぐ』いよいよ刊行!
2月23日 四日市市市政記者クラブにて記者会見をしました。実物はまだ完成していないのでカバー写朝日新聞朝日新聞 平成27年2月24日(木)真と目次を提示して説明。記者諸君も昨年の「市民塾・土曜講座」は取材しているので、要領よく話は進みました。写真もパシャパシャ撮って約30分で終了。果たして記事の出来映えはいかに!
 24日に「朝日」「伊勢」 25日が「中日」「毎日」そして26日「読売」と5紙出そろいました(写真は朝日)。いずれも4~5段の扱いで写真入りのけっこう目立つ記事となっていました。顔写真はいささか気恥ずかしいのですが、これも大事な宣伝です。おかげで問いあわせ電話もちらほらあってその効果はやはり大きいようであります。問題は当日 どれくらいの人が来てくれるかです。

出版記念の集いは来週 3月7日(土)午後1時30分。
四日市本町プラザです。お待ちしています。

市民塾通信『こちら市民塾』№122 (2月11日)
DSCF4538 2昨年1月~7月に開催しました「四日市公害を忘れないために」市民塾土曜講座の全記録『きく・しる・つなぐ 四日市公害を語り継ぐ』 間もなく出来上がります。その出版記念の集い を開催します。
3月7日(土)午後1:30 四日市市本町プラザ1階ホール
  内容は「対談と意見交換と語り合い」の会です。対談は本書「まえがき」の筆者(国際基督教大学教授・池田理知子)と「まえがき」の筆者であり編集担当(伊藤三男)でおこない、その後参加者との話し合いとなります。合計約2時間の予定です。
3月21日には「四日市公害と環境未来館」がオープンしますので、それに向けて本書の有効な活用法も考えたいと思います。なによりも「つなぐ」ことが最大のテーマです。ぜひご参加下さい。
なお、本書は後日一般書店でも販売されますが、この日が「先行販売」となりますので、ぜひ会場でお買い求め下さい。2,000円(+税)。
A5判260ページ。名古屋の風媒社からの出版です。
                       詳しくは090-3151-8971(伊藤)まで。

市民塾とは

logo1

四日市再生「公害市民塾」とは→こちら