Sidebar

perfect facebook Page plugin

市民塾通信『こちら市民塾』 №131 (6月17日)
市民塾6月例会のお知らせ
6月20日(第3土曜日)13:30~  。「じばさん三重」2階市民活動室。『きく・しる・つなぐ 四日市公害を語り継ぐ』勉強会。
今回のテーマは土曜講座第2回「四日市公害訴訟を支えた人たち」です。1967年9月提訴→1967年7月判決の訴訟は第1コンビナート02 四日市訴訟第4回口頭弁論3支持する会横幕68.5246者を被告として、9名の公害患者が原告となって争われたのはご存じのところですが、そのたたかいを支えた支援者のことはあまり大きく取り上げられることがありません。組織的にカンパや動員・署名といった形で5年間支え続けていたのは「四日市公害訴訟を支持する会」でした。主力は自治労(市役所の職員組合)と日教組(教職員の組合)でした。土曜講座ではその「支持する会」の事務局長として活躍された岸田和矢さん にお話を伺いました。大所帯であったために個々の活動に至らず批判される面もありますが、やはり「支持する会」が大きなバックボーンになっていたのは確かな事実です。今回はその意義を改めて学び、今後の教訓としていきたいと思います。
◎ 7月20日(月・祝)「四日市公害を忘れないために」市民の集い2015 を開催します。四日市市と市民塾の共催です。詳しくは例会で提案します。
◎ 「四日市公害と環境未来館」の入場者が6月13日(土)に2万人に達しました。開館以来3ヶ月弱での到達です。

市民塾通信『こちら市民塾』 № 130 (6月4日)
市民塾例会はこちらです!
2015 06040016「四日市公害と環境未来館」は博物館2階に設置されたのですが、それと同時に市民活動を支援するために「活動室」と「交流スペース」が設けられました博物館隣の「じばさん三重」2階です。1階は三重県北勢地域の地場産業生産品販売店ですが、2階の研修室を改装して作られたものです。そう広くはないのですが「活動室」は20名ほどは入れますので市民塾の例会にはぴったりです。3ヶ月前から申し込み可能ですので早めに「第3土曜日午後」をおさえています。また隣には「交流スペース」が付いていて、こちらの方が広いのですがいつでも自由に利用できます。飲食も可能なのでお昼は下のアピタで弁当買って・・・なんてこともアリです。いずれも利用は無料です。印刷機もあり、こちらは有料ですが格安ですので助かります。なお「エコパ^トナー」に登録することが条件ですのでご了解下さい。現在43団体が登録しています。個人でも可です。

◎ 市民塾6月例会は20日(土)午後1時30分~ 「四日市公害裁判」を支えた人たちです」ぜひご参加下さい。

市民塾通信『こちら市民塾』№ 127 (4月22日)
四日市再生「公害市民塾」月例会順調に再開しました。
「四日市公害と環境未来館」開設に伴う諸施設の移動に関連して、市民塾例会は2・3月はお休みをしていましたが、日時と会場を変更して4月から再開しました。既に告知しましたように「第3土曜日、午後」、「じばさん三重」2階に新設された「市民活動室」での開催となりました。4月は18日(土)13:30~15:30 予定通り行いました。内容は初回ということもあってまず「自己紹介」「現状報告」「これからの進め方」など基本事項の話し合いとなりました。新しい公害資料館の入場者数や解説員の仕事、あるいは館の運営状況を確認しました。また今後については当面『きく・しる・つなぐ 四日市公害を語り継ぐ』を教材としての勉強会。まず5月は「四日市公害訴訟」について学び直すということで確認しました。なお、参加者は11名で5名は土曜講座を経て新しく参加をしていただいた方々です。「つなぐ」ことが現実のものとなっていて、とても嬉しく思いました。
活動室はあまり広くありませんのが20名くらいは入れますので、これからも参加をよろしくお願いします。
5月は16日(土)です。今から日程調整をお願いします

市民塾通信『こちら市民塾』 №129 (5月21日)
市民塾5月例会報告(5月16日)
いよいよ本格的に『きく・しる・つなぐ 四日市公害を語り継ぐ』をテキストとしての勉強会がスタートしました。「四日市公害訴訟の意義を考える」です。まずは基本的な原告・被告の確認や年代をなぞっての復習です。さらに裁判の争点及び米本判決のポイントと意義など話し合いました。特に判決の決定的な要素である「共同不法行為」とは何であるのか、参加者全員が意見を出し合いました。和やかながら実り多い勉強会となりました。参加者は10名でしたが前回と入れ替わりもあり合わせて延べ14名にのぼります。そのうちHP告知を見て参加いただいた方が2名あり、かつてとは随分違う雰囲気になっています。6月は20日(土)「四日市公害訴訟を支持する会」について です。ご参加お待ちしています。
2015 04030012◎特報 中部映像関連事業社協会の第13回映像コンテストにおいて「四日市公害裁判の記憶-証言で綴る四日市公害裁判」(丹青社制作)が文化・教育部門の「大賞」を受賞しました。これは「四日市公害と環境未来館」の「公害裁判シアター」で上映されている作品です。試写で見たときに「いい作品」と感じていただけに、この受賞はとても喜ばしい出来事です。まだの方、ぜひご鑑賞下さい。現在入院中の野田之一さんが元気に語りかけてくれています。

市民塾通信『こちら市民塾』 №126(4月8日)
四日市再生「公害市民塾」月例会のお知らせ
「公害市民塾」はこれまで例会を毎月第4月曜日に、「なや学習プラザ」で行ってきましたが、「四日市公害と環境未来館」の開設に伴い、DSCF4538今後は以下のように開催していきます。皆様方のご参加をお待ちしています。
○ 日時 毎月第3土曜日 午後1:30~ (約2時間程度) 
○ 会場 「じばさん三重」2階市民活動室 近鉄四日市駅西・博物館隣JAパーキングご利用で無料駐車券が出ます。
 参加費 無料 但し『きく・しる・つなぐ 四日市公害を語り継ぐ』(風媒社)を  テキストに使用しますので、必ずご持参下さい。お持ちでない方は書店・ミュージアムショップ・市民塾でお買い求め下さい。2,160円(税込)です。
○ 内容 テキストによる四日市公害の学習、情報交換、意見交換などを中心にして「四日市公害を語り継ぐ」こと、公害資料館の活性化を目指していきたいと考えています。ゆったりと話し合っていきましょう。
○ 4月は18日(土)13:30 です。5月は16日(土)となります。
◎ 「四日市公害と環境未来館」は土・日は解説員が交代で担当します(市民塾山本・伊藤もメンバーです)。 平日は市民塾(山本・伊藤)で独自に案内できます。当面 火・木=山本 水・金=伊藤三 で担当します。ご希望の方は事前にお申し込み下さい。(山本・090-9128-8293  伊藤・090-3151-8971 へご連絡下さい)   

市民塾とは

logo1

四日市再生「公害市民塾」とは→こちら