Sidebar

perfect facebook Page plugin

市民塾通信『こちら市民塾』 №142 (11月30日)
市民塾例会報告(11月21日)澤井さんをめぐって盛り上がる!
2015 11220040この日は参加者が15名。会議室が狭くて困るくらいでした。何しろ勉強会のテーマが「澤井余志郎さん」。ご本人は体調の関係で欠席でしたが賑やかに盛り上がりました。写真にあるのは澤井さんの原稿や聞き書きが掲載された雑誌や単行本です。古くは1955(昭和30)年の『婦人公論』から近著『ガリ切りの記』まで多様です。一度整理をして目録を作りたいと思っています。
1928(昭和3)年に浜松で生まれて以来、16歳で工業学校を出て四日市の陸軍製絨廠へ。敗戦後半年ほど帰郷したきりでほぼ70年を四日市で過ごしてきた澤井さん。紡績工場での生活記録で「解雇」、就職した三泗地区労では労働争議で不当逮捕。そして四日市公害に出会ってからの「記録」まさに「世のため人のため」の人生を送って来たわけです。いまなお「語り部」として活躍中であり、敬服の至りです。
原稿掲載雑誌では『朝日ジャーナル』・『思想の科学』・『市民』・『婦人教師』などは既に廃刊になっており、その意味でも貴重な資料と言えます。
◎ 市民塾例会12月は19日(土)。13:30~ 「じばさん三重」2階活動室。勉強会テーマは「企業人としてみた四日市公害」です。 塩浜在住・もと三菱化学勤務の今村さんの貴重なお話です。本年最終です。ささやかながら「忘年」で茶菓を用意します。ふるってご参加下さい。
◎ 12月6日(日)「じんけんフェスタ」に出展します。9:30~ 四日市市文化会館展示棟2階。紺野美沙子さんの講演もあります。
◎ 12月12日(土)・13日(日)「公害資料館連携フォーラム」 じばさん三重 
◎ 「四日市公害と環境未来館」+「博物館」+「プラネタリウム」=3館併せた総称が決まりました。
   「そらんぽ四日市」です。64通の応募の中から選ばれました。近日中に館内に掲示されます。
    可愛がってやって下さい。 
  

 

市民塾通信『こちら市民塾』№141 (11月15日)
「四日市公害と環境未来館」の入館者5万人突破!
3月21日の開館以来、10月29日遂に5万人に達しました。約7ヶ月ですからこのままのペースでいくと1年間で約7万人を越えそうです。当初目的(5,5万)を大きく上回りそうなので、まずは喜ばしいことです。但し、これはプラネタリウムや博物館との相乗効果や地理的条件による部分も大きいので、市民意識としての四日市公害そのものへの関心度は割り引いて考える必要もあろうかと思います。しかし、これを機会に「四日市公害を忘れない」意識が高まっていけば何よりですから肯定的に捉えていきたいと思っています。
さて、10月に入ってから小学生の研修が連日のようにやって来ます。一日に複数校の時もありますから」語り部」もなかなか大変です。特に野田之一さん・澤井余志郎さんのお二人は大奮闘です。お二人とも今年は入院・通院を繰り返すなど決して万全の体調ではないのですが、丁寧に子ども達に接してもらっています。澤井さんが87歳、野田さんは間もなく84歳ですがまさにライフワーク。「無理は禁物」という言葉は返って失礼でしょう。若い者も負けずに「語り継ぐ」作業をつないでいきたいと思います。
◎ 市民塾11月例会は21日(土)13:30~ 「じばさん三重」2階 勉強会テーマは「澤井余志郎さんについて」です。
◎ 「公害資料館連携フォーラムin四日市」12月11日~13日 詳しくはfacebook をクリック。
◎ 市民塾通信『こちら市民塾』紙バージョン№3 発行しました。こちらもfacebookから無題

 

市民塾通信『こちら市民塾』 № 139 (10月12日)
四日市の海がまた埋め立てられます!
pic zentai kouku四日市公害は裁判に象徴されるように「大気汚染」が中心になっています。しかし伊勢湾に面していますから「海」との関係も重要です。かつて1960年代には「くさい魚」が問題となり漁民一揆 が起きました。
四日市の海岸は北は霞から南の塩浜まで砂浜が続き、北部は海水浴場で賑わったのですが全て埋め立てられ工業地帯と化しています。塩浜の南「楠町」は平成の合併により四日市市となり吉崎海岸は貴重な砂浜として残っています。そのさらに南方に「三重県北部沿岸流域下水道」南部処理場がありますが、最近その拡張工事が始まっています。面積は約150m沖まで幅約800mにわたって埋め立てられ,総面積約10hに及びます。現在鋼管矢板が打ち込まれ護岸工で締め切って埋め立て土を投入することになります。既に認可された工事ですが、現実に海が無くなっていくのを見るのは悲しいものがあります。生活排水の処理と海の埋め立て-私たちの暮らしと直結するだけに考えさせられるテーマです。
◎ 市民塾10月例会は17日(土)13:30~ 「じばさん三重」2階市民活動室です。
   ご参加お待ちしています。

市民塾通信『こちら市民塾』 №140 (10月25日)
四日市の海はここでも無くなっていく・・・
2015 10250021四日市市の最北端に砂浜が残っていて「高松干潟」と呼ばれ、潮干狩りなどで市民が楽しんでいました。約300メートルほどの小さな海浜ですが、四日市にとっては貴重な自然環境でした。しかし、この地が今工事で大きく変貌しています。 「霞4号幹線」という名の産業道路が新しく作られようとしています。砂浜を埋めて立てるわけではありませんが、湾岸道路とつなぐため橋脚を建設し霞のコンビナート地帯に連結します。
そのため、干潟にくっついていた雑木林が取り除かれ野鳥が巣くっていた環境が壊されてしまいました。この道路の主たる目的は側を走る23号線の渋滞緩和とされていますが、全く意味をなしていません。干潟への海岸道路は閉鎖され市民が近づくこともできません。国の事業なのですが、これも景気対策の一環だとしたら、壮大な無駄遣いといえましょう
◎ 『こちら市民塾』紙版№2(10月5日号)も発行しています。facebookからごらん下さい。

◎ 市民塾11月例会は21日(土)13:30~  いつもの「じばさん三重」2階市民活動室です。ご参加下さい。

市民塾通信『こちら市民塾』 №138 (9月26日)
第33回四日市公害犠牲者合同慰霊祭
2015 0926003426日(土)10:30~11:30 四日市市営北大谷斎場慰霊碑前にて行われました。主催は従来の「公害患者と家族の会」に加えて昨年から四日市市との共催となり、市議や行政関係者の参加が多くなりました。参列者は総勢約100名弱といったところでしょう。
全員の黙祷から始まり四日市市長や市議会議長の追悼の辞がありました。その後、全員の「献花」が行われ、恒例となった若い人からのメッセージと続きました。
今回は四日市在住のマンガ家であり、この度四日市公害をテーマにした作品を書き上げた矢田恵梨子さんからメッセージでした。作品も展示され参列者が熱心に閲覧をしていました。谷田尚子さんをテーマにしたなかなかの力作です。今後、何らかの形で広げていきたいとのことでした。慰霊祭の写真はfacebookにも掲載しましたので左上をクリックしてごらん下さい。
◎ 「市民塾」例会 9月19日 若干参加者が少なかったのですが、予期せぬスペシャルゲストがありました。50年前に亡くなった患者さんのお孫さんにあたる女性でした。翌日にはそのお母さんと「四日市公害と環境未来館」にお見えになりました。感激でした。
◎ 「公害資料館連携フォーラム」が四日市で開催されます。12月11日~13日です。詳細は後日。ぜひご参加下さい。

市民塾とは

logo1

四日市再生「公害市民塾」とは→こちら