Sidebar

perfect facebook Page plugin

市民塾通信「こちら市民塾」№8

[報告その1]
6月24日。CTY「ちゃんねるよっかいち」放映のためのロケが行われました。前日の雨とはうって変わった青空が広がり、暑いくらいでした。制作担当のランダムハウスが回すカメラの前で、「市民塾」語り部トリオが語りながら磯津現地での撮影。特に野田さんはご自宅で取材が中心で豊かな経験を語ってくれていました。この番組は四日市市の広報と環境保全課が連携して制作しているもので、「市民塾」としても協力依頼を受けています。放送は7月21日から31日までの、10日間。一日2回(20分番組「ちゃんねるよっかいち」)実質13分間の放映となります。タイトルは「市民が取り戻した青空~公害の経験を糧にして~」で、時期的にも訴訟判決日を挟んでおりタイムリーな企画となっています。(写真参照)

[報告その2]
6月26日。市民塾主催「四日市公害学習実践交流会」(環境学習セターにて)。念願の「実践」レベルでの交流会が実現しました。市民塾の中心課題である「語り継ぐ四日市公害」。これまで「語り部」が出前授業として参加した四日市市内外の小学校から、13校26名の現場教員。さらに学生・行政関係者など合わせると40名ほどが一堂に会しました。そのうち4校(四日市市海蔵・富田・中部西、津市波瀬)から実践報告があり、後半は参加者全員での意見交換となりました。現地での実体験、パソコン利用の学習、経験者からの聞き取り等てんこ盛りの中身でした。詳しくは近日中に報告集をまとめますが、とにかく「実践交流」というのは楽しいしすごいものだと実感しました。行政当局は教科書やナイトクルーズとまちのイメージアップに力を入れていますが、現場では着々と公害学習が環を広げています。新しい仲間たちが増えていくことの喜びも感じられました。今後も交流会を継続することを確認しました。ありがとうございました。(写真・新聞参照)

市民塾通信「こちら市民塾」№7

shinbun6_12

ニュースその1 6月11日。四日市市長に「公害資料館(四日市公害資料について保存と学習のための施設)」設置に向けて要望書を提出しました。昨年来私たち「市民塾」は四日市市との連携で写真資料のデジタル保存をはじめとして、「人権フォーラム」「全同教大会人権パネル」「公害写真展」などの企画を成功させてきました。また「語り部」として多くの小学校での出前授業を実行するなどして「みえ環境活動賞」を受賞することもできました。そして現在は多くの資料の整理に追われる日々が続いています。四日市公害にかかわる貴重な資料の数々を目の前にして、それらの保存・活用の重要性を改めて感じています。一刻も早い資料館施設の設置が望まれるゆえんです。

ということでこのたび環境保全課を訪問し市民塾としての要望書を公式に手渡しました。保全課も趣旨をよく理解し前向きに臨んでくれる姿勢が感じられ心強く感じられました。今後はどういった形が実現可能なのか、具体的なイメージを協力して作り上げていくことでまとまりました。なお、要望書は保全課を通じて田中市長に届けていただきます(この項 中日新聞記事参照)。

kouza_kataribeニュースその2 6月12日。四日市環境学習センター主催四日市公害解説ボランティア養成講座開催。四日市公害に関して今までは主として「語り部」が講師役を務めてきましたが、今後はそうした解説役をより多くの市民にやっていただこう ということで学習センターが独自にして初の企画を立ててくれました。意欲的な8名の受講者の参加がありました。

まず主催者の趣旨説明、「語り部」による概略説明しスライドの紹介。資料室の案内そして相互の意見交換。で2時間があっという間にすぎました。あくまでも今回がスタートであり、今後も回を重ね実際の解説役がこなせるようスキルアップしていきたいと確認しあいました。これからも是非多くの方が参加してくださるようよろしくお願いします(この項 写真参照)。

一年でもっとも過ごしやすいといわれる五月となりましたが、今年はいささか不順な天候続きで戸惑ってしまいます。

さて、市民塾主催の「四日市公害学習実践交流会」いよいよ動き出しています。4月18日に10名が集まって準備会をもち、これからのスケジュールを決めました。その上で、これまで「語り部」参加の公害学習経験の小学校(42校)に案内状を送りました。開催は6月26日(土)ですから、一ヶ月半ほどありますが、ぜひ多くの方々に参加いただいて実り多い交流会にできればいいなと思っています。

四日市市と同教育委員会の「後援」ももらえましたので、現場からの実践を積み上げることによって「四日市公害学習」を築いていきましょう。なお、教員以外の方のご参加も歓迎します。

「市民塾」5月例会 5月24日(月)18:30~21:00  なや学習センター

いつもより少なめの出席でしたがなかなか実りある議論が交わされました。

①、「四日市ぜんそく公害訴訟判決38年」をどう受け止めるか。 ②、「公害イメージ」解消・払拭について(田中市長の要望    [教科書記述] 公害イメージ解消に向けて  商議所と観光協会の「コンビナート夜景鑑賞クルーズ」---これらの問題をどう思うか、どうすればいいのか・・・・・・・。

判決の意義はどのように生かされているのか。企業・行政・市民はごのように取り組み現状はどうなっているのか。等々なかなかまとまりはつかないのですが、では現在の「反公害運動」はどうなのか」ということでわが「市民塾」の内部についても“激しく”議論が交わされました。まだまだ継続すべき課題として考えていきたいと思います。でも現実はいろんな取り組みが目白押しで多忙です。あらたな協力者の参加を心待ちにしています。よろし~く。

◎「市民塾」当面の活動について

当HP別記事にもありますように「環境学習センター」とのコラボが進んでいます。まずは6月12日(土)「四日市公害解説ボランティア解説講座」があります。詳しくは学習センターHPをご覧の上お申し込みください。なにごともまずは一歩踏み出してみませんか。

◎「語り部」さん 小学生と熱く交流

5月25日  環境学習センターで中部西小5年の公害学習。60名の児童と30名の保護者が参加。語り部トリオの話を熱心に聞いて鋭い質問も飛び交いました。資料室も見学して興味津津といったところ。保護者は「アラ40」世代でこの人たちにもよい伝承ができたようです。四日市市長の思惑とは別に現場ではじわじわと「公害学習」の広がりがあります。6月26日の「実践交流会」は大きな意味を持ちそうです。(写真参照)

 

市民塾通信「こちら市民塾」№4

本日は24日。四日市公害訴訟判決の1972年7月24日にちなんでの発行です。今年の7月は38周年ということになります。市民塾も立ち上げ以来14年目に入り、「語り部」活動と資料保存を二本柱にして大きな成果を上げてきていると思います。HPもリニューアル以来アクセス数は増加傾向にあり喜ばしい限りです。

 さて、先日の投稿記事で四日市市発行の「のびゆく四日市」の改訂版について触れられています。一年前の改訂に比べ8ページ建てという編集で大幅増となっています。企業の加害と被害者そして裁判にも触れられており「前進」といっていいでしょう。

 このことと並行して四日市市では面白いことが進行しています。既に4月14日の新聞(中・毎・読・伊)で報じられましたからご存じの方も多いかと思いますが、四日市市長が記者会見で、「東京に赴き文部科学省と教科書協会に要望書を提出した」と発表しました。概略は次の通りです。

 たしかに四日市公害はなくなったわけではなく、患者は存在するし改善の努力を怠ってはいけない。しかし、現行の小中学校の主要教科書には四日市市に関する記述が「公害のまち」という視点でとどまっている。このままではイメージが固定化され改善の過程が認識されない。是非、改善に向けた努力や行政・企業の活動及び「青空のもどった」現状にも触れてほしい。「正しい社会的認識が深まるような記述」を加えてほしい。

 というわけです。皆さんはどのように受け止められますか。「のびゆく四日市」の改訂と市長の要望。そもそも、内容はともかく市長がこうした要望を提出するというのは他に例をみないのではないでしょうか。いろいろと感じるところはあるのですが、今回は報告にとどめておきます。

 学校現場の教育は基本的には日々子どもたちと直接に接する教師の責任にです。四日市公害とどう向き合うのかは「実践」が何より問われることになります。その意味では今、市民塾が計画している「四日市公害学習実践交流会」はとても意味の深いものだと思っています。6月26日、「語り部」が参加した四日市市内外の学校の先生たちに集まってもらって交流会を開きます。さいわい「四日市市」「四日市市教育委員会」の後援もつきました。詳細は追々お知らせします。多くのご参加期待します。

市民塾とは

logo1

四日市再生「公害市民塾」とは→こちら