Sidebar

perfect facebook Page plugin

市民塾通信『こちら市民塾』 №157 (8月25日)
「四日市公害と環境未来館」入館者10万人到達。
2016 08210136昨年3月21日に開館以来1年間で7万人を突破しましたが、この8月19日には10万人に到達しました。4月以降で約3万人ですから1ヶ月で約6,000人。開館一年とほぼ変わらないペースで2学期以降は小学校の研修が増えますので、7万人達成も可能のようです。夏休みと言うことで家族連れも多く博物館のプラネタリウムや企画展との相乗効果もあります。1階はけっこうな賑わいで四日市の「目玉」になっています。
なお、10万人目の入館者は近くの中部西小学校4年生の男子児童、夏休みの課題研究のため母親と共に訪れました。記念品として館長から四日市公害マンガの本『空の青さはひとつだけ』が贈られました。奇しくもマンガの主人公・谷田尚子ちゃんが通っていたのが中部西であり、しかも4年生というのも「イト」のつながりを感じさせてくれます。 
◎『空の青さはひとつだけ』売れ行き好調。重版出来!です。こういった種類の本が初版を完売するのはなかなか難しいのですが、発売以来、出版元(くんぷる)からなくなり、重版に踏み切り「二刷」となりました。全国の書店や通販で購入可能ですが、入手困難お方は直接郵送もできます。ご相談下さい。090-3151-8971(伊藤)まで。
◎市民塾9月例会は17日(土)13:30~です。
◎9月24日10:00より「四日市公害犠牲者合同慰霊祭」詳細は次号で。

市民塾通信『こちら市民塾』№ 156 (8月12日)
「大気汚染公害の歴史と課題」を学びました。
82016 08080219月7日(日)エコパートナー事業の「市民塾」企画として開催しました。講師は除本理史さん。48コマのパワーポイントを使って、系統立てて説明をしていただきました。
構成は(1)日本の大気汚染公害と四日市公害訴訟 (2)大気汚染訴訟の和解と環境再生のまちづくり (3)公害から福島を考える の3部から成っていました。四日市公害訴訟の意義とそれを継いだ川崎、大阪(西淀川)の取り組みを紹介。さらに福島の原発事故による「地域破壊」と「復興」のあり方についての指摘がありました。「公共事業主導の従来型復興政策ではなく地域の住民、団体、企業が主体となる復興(内発的地域再生)の重要性を語られたのが印象的でした。
資料ご希望の方はご連絡下さい。除本さんの近著『公害から福島を考える』(岩波)は全国書店で販売中です。2,600円(+税)。

◎7月、8月で3つのイベントを開催しました。過密スケジュールのため市民塾の8月例会(20日予定)はお休みとさせていただきます。

  9月は予定通り17日(土)となります。さらに「公害犠牲者合同慰霊祭は9月24日(土)開催となっています。
◎『空の青さはひとつだけ』好評販売中です。市内の書店、通販、ミュージアムショップにあります。売り切れる心配が出てきました。お早めにお求め下さい。詳細は090-3151-8971(伊藤み)で。

市民塾通信『こちら市民塾』 №154 (7月1日)IMG 0001 2「四日市公害を忘れないために」市民の集い2016
四日市公害訴訟の判決の日(72年7月24日)から間もなく44周年となります。ここ数年恒例となりました「市民塾」と四日市市との共催行事です。昨年12月に澤井余志郎さんが亡くなってから半年が過ぎましたが、その遺志を継ぐためにもなくてはならない行事となりました。今回は裁判の原告でもあり今なお公害患者として闘って見える野田之一さんをお招きして、お話しを伺います。昨今は入退院もあり歩行が若干辛い生活ですが、まだまだお元気で頑張ってみえます。ぜひ多くの皆さんにご参加をお願いします。
7月23日(土)13:30開始(開場は13:00)。「そらんぽ四日市」(四日市公害と環境未来館)1階「講座室」。もちろん入場無料。

なお、翌日24日(日)は公害マンガ「ソラノイト」を収めた『空の青さはひとつだけ』の出版記念会があります。こちらは「本町プラザ」2階。13:30開始(13:00開場)。入場無料ですが本代として1,000円(+税)をご用意下さい。

四日市公害訴訟判決44周年
1972年7月24日から44年という年月が経過しました。昨年3月に「四日市公害と環境未来館」が開設され、これまでに10万人近い入館者があります。記憶と教訓を過去のものとして終わらせないためには語り継ぐことが不可欠です。今年はふたつのイベントがありました。
2016 07250081その1,「四日市公害を忘れないために」市民の集い2016訴訟原告であった野田之一さんのお話を聴きました。少し歩行にご苦労があるようですがお元気な語りは迫力満点。今までなく戦争や家族、そして漁民一揆の裏話などたっぷりでした。
その2、公害マンガ所収『空の青さはひとつだけ』出版記念会。矢田恵梨子さん作のマンガを中心にした本が刊行されました。小学生で亡くなった尚子ちゃんの母親・輝子さんのお話や編集担当の池田さんと矢田さんの対談。若い人の参加が多く新鮮な集いとなりました。
◎ 8月7日(日)13:00 から
  「大気汚染公害の歴史と課題」
  (講演:除本理史さんー大阪市大大学院教授)。そらんぽ四日市1階講座室。

エコパートナー支援事業で「市民塾」企画です。どなたでも自由にご参加いただけます。

◎四日市再生「公害市民塾」日8月例会(20日予定)は過密スケジュールのため休会(夏休み)とさせていただきます。9月例会は17日(土) となります。ご了解下さい。
◎『空の青さはひとつだけ』は四日市市内の書店や「そらんぽ」ミュージアムショップでもお買い求めいただけます。入手困難な場合はお電話下さい。090-3151-8971(伊藤)まで。

 

市民塾通信『こちら市民塾』 №153 (6月6日)
多忙です。「市民塾」活動
「伊勢志摩サミット」も終了し三重県に平穏が戻りました。「大山鳴動」して何が残ったのでしょうか。「環境」問題に関して「G7」は福島の汚染水対策が順調だとして「高い評価」を残し、「気候変動」「持続可能な社会」に関してはほとんどノーコメント。「ジュニア・サミット」が「風力・太陽光発電に投資を」と具体的に提言したのとは大きな違いがあります。「市民サミット」の提言は意義はありますが、どう政治に反映させるのか、これからの取り組みが不可欠です。
「市民塾」の今後の活動についてお知らせをします。
◎6月例会は18日(土)13:30~ 「じばさん三重」活動室。勉強会のテーマは「澤井余志郎さんの時代を振り返る」ということで、戦後間もない頃の政治状況や労働運動を中心にして学びあいます。テキスト『ガリ切りの記』です。ご持参下さい。頒価2000円で用意します。
2016 06060017◎7月23日(土)午後 「四日市公害を忘れないために」市民の集い2016 (そらんぽ四日市1階講座室)  「野田之一さんのお話し」
◎7月24日(日)午後 マンガ「ソラノイト所収 『空の青さはひとつだけ』出版お披露目の会 (本町プラザ2階) 頒価1000(+税)円。
◎8月7日(日)午後 エコパートナー委託事業講演会 「大気汚染公害の歴史と課題」 講師:除本理史(よけもと・まさふみ)さん(大阪市大大学院教授) そらんぽ四日市講座室。入場無料。
・「市民塾」はしばらくの間「大気汚染」問題に焦点を絞って取り組んでいきます。四大公害訴訟の中で唯一、四日市は大気汚染公害を争いました。ここでの勝訴が以降の大阪・川崎・倉敷などの裁判につながったわけです。そして大気汚染はいまなお解決を見ない、進行中の公害であるわけです。多くの人々に関心を持ってもらおうと考えています。
写真は「四日市公害と環境未来館」を訪れた四日市市内の中学生。解説ボランティア(水色)の説明に聞き入っています。

 

市民塾とは

logo1

四日市再生「公害市民塾」とは→こちら