Sidebar

perfect facebook Page plugin

 

「塩浜小学校」の校歌は今。
2015 07290006かつて「港のほとり並び立つ 科学の誇る工場は 平和を守る日本の 希望の光です」と歌われた四日市市立塩浜小学校の校歌。しかし、公害の激化とともに改作され「東の国から西の国 港出て行くあの船は」と当たり障りのない歌詞となっていました。ここまでの経過は多くの人々の知るところですが、この校歌も今は存在しません。昨年4月、三浜小学校の児童数減少とともに統合され、新たな「塩浜小学校」として再出発したのです。校舎は塩浜小を使用し、三浜小の塩浜地区在住児童が通学するようになりました。現在の児童数は6学年で約120名。各学年1~2クラスの編成となっています。そして、同時に校歌も全く新しい作品が制定されました。玄関には額が掲示されていますが、失礼ながら全く個性のない歌詞に思えてなりません。メロディーも平板でたくましさに欠けるような気がします。
「四日市公害と環境未来館」が市内の一等地に開館し、入場者も多いのですが反面、 「現地」が遠くなってしまった感は否定できません。「資料館と現地」をどう結ぶのか、まだまだ課題は山積です。
◎ 四日市再生「公害市民塾」例会 8月8日(土)午後1:30~ 「じばさん三重」2階。「公害で我が子を失った母の思い」テキスト必携。


市民塾とは

logo1

四日市再生「公害市民塾」とは→こちら