Sidebar

perfect facebook Page plugin

IMG7月28日「四日市公害を忘れないために」市民の集い 
昨年の四日市公害訴訟判決40 周年は、様々な記念行事が開催されましたが、一年経って今年は全く寂しい状況です。まして四日市市が四日市公害に関する資料館を設置しようとしているのに、このままでは市民へのアピールも不足。ということで今年はわが「公害市民塾」がなんとかしなくてはと2ヶ月前から企画。四日市市にも呼びかけて「共催」が実現し、ようやく皆様に案内することができます。詳細は次の通り。
7月28日(日)。会場は四日市市立博物館1階(講座室)。資料館がここにできます。
日程は9:30~16:00 終日四日市公害関連のパネル展示

〔午前の部〕地元TV局制作のドキュメンタリー上映
 
①10:30 CTY「生きる 第3章」 (30分)
 ②11:00 三重テレビ「ツナガル。ーそれぞれが越えた40年の先にー」 (54分) ここ以外に上映会はありません。お見逃しないように。

〔午後の部〕シンポジュウム「四日市公害の歴史の伝承と情報発信について」
 
基調講演 吉永利夫さん(NPO法人環不知火プランニング理事長 
 また四日市市から(仮)四日市公害と環境未来館の基本設計に関する概要説明もあります。さらに参加者全員で活発な意見交換を行いましょう。

主たる狙いは研究会やセレモニーではなく。市民全体で資料館のあり方っと設立以降の運営をも考えていこうという重要なものです。入場無料です。多数ご参加下さい。問い合わせは 090-3151-8971 (市民塾 伊藤三男)まで。また追々情報発信します。

恒例の「エコまつり」今年も大にぎわい (6月15日)
四日市市環境学習センター主催の「エコまつり」が行われました。4年目になる恒例の行事ですが親子連れを中心にして大にぎわいでした。環境関連の2市民塾ブース1団体がそれぞれブースを出して、様々に工夫をこらして参加者の関心を呼んでいました。1階に作られた大工さんが作るジャングルジム」はさすが本職と思わせる頑丈な作物でした。私たち「市民塾」もちょっと異色ながら、「四日市公害を忘れないために」とのテーマでパネル展示やビデオ上映をしました。写真はあらたに構成をし直し今度の7月イベントへの小手調べという感じにしました。ちょっと奥まった部屋で人目に付きにくかったのは残念でしたが、市議・記者をはじめ塩浜近辺の住民の方が立ち寄り、いろいろ面白いお話を聞かせていただきました。その中で塩浜コンビナート周辺の街路樹が切り倒されるという話しも聞きました。「公害対策」の一つとして植えられ三重大伊賀拠点たはずなのに、自治会(役員)の方針だと言うことでかなり違和感を覚えます。また石原産業のフェロシルト処分が一年遅れるとの報道もあり、塩浜における「課題」の大きさを今更ながら感じます。
隣のブースでは三重大学伊賀拠点の先生が「四日市公害」の測定器具等の説明をしてみえて、改めて勉強をさせていただきました。参加グループは民間団体や企業・学校と多彩ですが、「環境」が破壊される現実には力を合わせて立ち向かえたらいいなあと思いました。
7月イベントにつきましては当初「市民塾」の単独主催で進めていましたが、「四日市市」との「共催」を指向しています。詳しくは次回例会(6月24日)に提案します

1,日市ぜん息公害訴訟「原告勝訴判決」(1972年7月24日)25周年を考える市民集会を機に「公害を記録する会」や、「四日市公害と戦う市民兵の会」のメンバーが中心になって1997(平成4)年7月24日に発足した。掲げた目標は、①四日市公害とりわけ公害裁判などの歴史学習 ②コンビナートヘの関心と監視 ③公害資料館設置と記録保存および活用と語り部活動 ④公害地域再生まちづくりへの参加 等である。
 なお「市民兵の会」とは裁判当時、公害患者や住民の運動に「黒衣」で助っ人として参加した、主に名古屋大学の教官・学生、あるいは小中高教員や会社員などのグループである。機関誌として『公害トマレ』を100号まで発行していた。

2,民塾例会は毎月1回(原則第3土曜日:じばさん三重 13:30〜)

3,Webサイトにホームページを開設。毎週ごとにニュースを更新。アクセスは頻繁にある。 アドレスは http://yokkaichi-kougai.www2.jp/

4,害学習用の紙資料(パンフ)や、市内小学校に配布したDVD作製。記録写真(銀塩カメラネガ)を四日市市から委託を受け2枚のCD(計2300コマ)にデジタル保存。

5,白市市・三重県内外の小中学生5年生への公害学習ガイドと語り部ボランティア。夏休み自由研究のお手伝い。

6,日市公害資料館設置に向けての資料集めおよび整備。試案作成と行政への提言。

7,害患者へのサポート。

8.日市の「あおぞら」回復のために、企業・行政・住民の適度の緊張関係を保つトライアングルの構築。


市民塾のロゴマークができあがりました。

logo1四日市公害資料館が設置されることとなり、四日市市のさらなる再生を願い、四日市の「鳥」である「ゆりかもめ」を中央に配置しました。
また、中央の灰色から青へのグラデーションにより、空、海とも再生されつつあることをイメージしています。
資料館の設置に向け、みんなの資料館となるように大いに盛り上げていきたいと思います。これから、いろいろなところにこのマークを使用していきたいと思います。

ロゴマーク作成協力 (特)ユーネットみらい

-あなたが発信源になって、上映会を企画してみませんか?-

拝啓

  皆様ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
  突然のご連絡大変恐れ入ります。四日市「公害市民塾」様よりご紹介いただき、2011年劇場公開された、日本四大公害のひとつ「四日市ぜんそく」のその後を丹念に取材し、現在の原発問題にも向き合うこととなるドキュメンタリー映画『青空どろばう』の上映会のご案内でご連絡をさせていただきました。

 

趣旨

 公害訴訟を提起、5年間の審理を経て、勝訴したおかげで、四日市公害の改善が図られ、今日見られるような青空の回復、被害者の救済が進んだ。
 原告患者9人 の中で野田之一さん一人となり、80年の生涯の半分となる40周年を経ることになり、判決日「青空がもどったときに、“ありがとう”の挨拶を」と言った状 況が果たされたと言えること、関係者の高齢化もあり、判決集会は40周年をもって終えることも予想される。
 このさい、野田原告患者の“ありがとう”の挨拶 の前に、市民から「“ありがとう”の挨拶」を野田さんに贈りたい。

市民塾とは

logo1

四日市再生「公害市民塾」とは→こちら