Sidebar

perfect facebook Page plugin

市民塾8月例会では・・・・(8月26日)
7/28「四日市公害を忘れないために」市民の集い は盛況のうちに終えることができたのですか、与えられた課題はあまりにも大きく多いのです。基本的には新しい資料館〔(仮〕四日市公害と環境未来館〕の開設とともに、四日市における状況は大きく変化する という事実です。現在に比べ展示も入館者もはるかに規模は拡大し、それへの対応と維持・推進の重要性はいうまでもありません。設置者である四日市に総てお任せというわけにもいきません。最も強く資料館設立を要望してきたわが「市民塾」にこそその責任は大きい と考えたいと思います。26日の例会はそうした状況を踏まえ、今後の「市民塾」のあり方について、「法人化」の是非も含めて議論しました。まだまだ先は見えませんが、吉永氏のお話にあった「本気でやるのなら」を肝に銘じて議論を継続していきたい思います。
◎いずれにしても現存する資料の再点検も含めて「四日市公害」問題そのもの改めて学習し直す必要がありそうです。そして来るべき新資料館に備えなければなりません。IMG 0002
そこで一冊紹介します。四日市市が市制70周年記念として1967年2月に発行した冊子があります。裁判提訴前ですが「公害」については少しだけ触れられています。そして埋め立て前の霞ヶ浦海岸線を写した写真。まさに「白砂青松」。また「ぼくらの描いた未来の四日市」と題した中学生の絵画があります。遠くに並ぶのは紅白模様の無数の煙突。この頃既に公害問題は発生していたのですが、この中学生の未来図は工場のさらなる「発展」だったのでしょうか。このほかまだまだ学習されていな資料は無数にあります。

忘れていけないのは「被害」だけではありません。
1972年7月24日に出された「四日市公害裁判」の判決は、「四大」と謳われるにはそれなりの意義があります。一般的には「6社の共同不法行為」「立地上の問題」「公害防止施設の不備」「原因が大気汚染」等々が骨子ですが、判決直後の被告企業被告企業の誓約書からの「誓約書」により大きな意義を見いだします。その中の次の文言は6社共通のものとして今も有効なのです。
「当社の(略)公害防止設備について、原告ら住民代表及びその指定する科学者に対し、立ち入り検査の原則を認め、その費用は当社において負担」となっています。ちなみに被告6社とは「昭和四日市石油」「三菱油化」「三菱化成」「三菱モンサント化成」「石原産業」「中部電力三重火力発電所」ですが、三菱3社は合併して「三菱化学」となっています。「誓約書」は判決直後の原告側の抗議行動の結果勝ちとったものです。その後この「立ち入り調査」は翌年には実施されましたが10年後に差し押さえは企業が拒否(裁判所に申請して許可)し、それ以降は残念ながら実行されていません。原因はいくつかありますが時間と共に原告-被告の関係が逆転していった象徴です。
さらに右の写真は判決直後賠償金を差し押さえに行った時の光景です。机の上に積まれたのは札束。場所は石原産業。約1億円あります。
「四日市公害を忘れないために」というのは、こうした裁判を中心とした「反公害運動」の総てを含んでのものであると言うことなのです。このような歴史を新しい「公害資料館」がどれだけ表現できるのか、設立者だけでなく総ての市民が考えて行かなければなりません。その意味でも「市民塾」の任務は大きいといえましょう。、

「四日市公害を忘れないために」市民の集い 盛況でした!
7月28日(日)会場の四日市市立博物館はほぼ満席状態となりました。午前・午後で別メニューですから延べ100名ほどの参加者があったと思われます。通しで約5時間参加された方もみえるわけでありがたいことでした。

 ◎午前の部
「ドキュメンタ満席の上映会リー」上映会は2本で90分になりましたが、熱心に鑑賞していただきました。我が町・四日市の歴史と風景が写されているわけで、年配の方は懐かしい思いも湧いたことでしょうが、やはり四日市が抱える「吉永さんの講演公害」問題を改めて見つめ直すいい機会になったと思います。上映後会場からは拍手が湧きました。制作担当者は高校野球中継のため来ていただけず申し訳ないことでしたが、提供いただいたTV局には御礼申し上げます。
◎午後の部 田中市長自らの「基本計画(案)」の説明は予定時間をオーバーするほどの熱の入れよう。参加者にとっては初めて目にする人がほとんどだったわけで、今後とも行政はもっと積極的にPRしていく必要があります。HPに掲載したり市内の各所に掲示したりするなどのアイディアも出し合いましょう。吉永利夫さんの基調講演は具体的な実践を踏まえてのだけに、わかりやすく「何が大事なのか」が提示されました。なかでも「市民塾は法人化せよ」との指摘は刺激的でもあり、我々の本気度が問われる段階になってきたわけです。資料館の中身についても不十分さは多いと思いますが、運営(例えば集客など)について本格的に考えて行かなければなりません。今回の「市民の集い」の実質的主催者である市民塾にとって重要な課題となりました。
今回のイベントにつきましては様々な人々(行政・市民・メディア等々)とのコラボによって実行することができました。皆さんご苦労様でした。また参加者の方々やカンパに協力いただいた方々厚く御礼申し上げます。

しんきろう 現在、四日市市立博物館では、開館20周年ということで、様々な催し物が行われている。近々リニューアルされることになっているし、新たに公害資料館も設置される。

 先日まで行われていたのは、ミニチュア風に写真を撮影する技法を駆使する本城直季氏の「四日市鳥瞰図 しんきろう」であった。「現在の四日市を新しい視点で切り取った本城直季の作品に、今まで見たことのない四日市、今まで気づかなかった四日市を感じることでしょう。」と博物館のHPで紹介されていた。  本城直季氏の写真集がリトルモアから販売されているが、その中に、四日市市博物館の学芸員廣瀬毅氏の言葉が載せられていた。戦後の日本は、大量消費社会を迎え、復興に向けて突っ走ってきた。「四日市は一方では高度経済成長を支える車のエンジンであったが、もう一方で急激な社会変化に対応できないまま突き進んだハンドルのない車でもあった。」とし、四日市公害に関して、「同じ時代を生きた日本人が等しく背負うべき問題であるはず」だったが、「地域的な問題として極小化された」と論じ、「市民の心の奥底には、かつて公害の町と呼ばれたこの町に、未だに心からの愛着と誇りは感じられていないのかもしれない。」と記している。

 四日市公害とたたかってきた人からの聞き取りで分かることは、地域的な問題は、四日市の中にも存在していたということである。企業城下町や公害激甚地とそうでない地域の人々の意識や行動の違いから生じたのである。私たち市民が、この問題にもっとしっかりと向き合ってきていれば、四日市という町に、「心から愛着と誇り」を持てていたのではないかと、改めて考えさせられた。 
 四日市公害資料館の基本構想のなかに、「公害のまちのイメージが克服できていない」とある。何度も出てくるこの言葉は、言葉だけが勝手に一人歩きしている。四日市に住んでいるのに四日市公害を知らない人ばかりである。わからない・知らない・関心がないという「ないイメージ」を克服できるはずがない。克服するためには、四日市公害に関する資料を体系的に整理し、語り部からの学習や現地学習などができるようにしなければならないと思う。何より四日市公害と向き合うことができる仕組みの構築を資料館が核となって行ってほしい。

「海の恩恵に感謝する・・・・」とは。
磯津漁港の看板1996(平成8)年に施行された時は7月20日だった「海の日」は、ハッピーマンデーとやらで第3月曜日に変更されていますが、由来は明治天皇巡幸による「海の記念日」にあるようです。法律の規定では「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」のが趣旨だそうで、お国の意志があらわれています。しかし、いま「海洋国」ニッポンの海はどうなっているのでしょう。もっとも現在的なのは東電福島原発崩壊事故による海水汚染です。敷地内の貯蔵タンクは無限に林立し解決の見通しは立たず、海面への流出は避けられようもありません。メディアによる情報もほとんどなくこの先の被害の拡大を思うと恐怖さえ感じます。
ここ四日市では「青空がもどった」「海もきれいになった」との宣伝が頻繁になされますが、果たして本当でしょうか。鈴鹿川河口ではアサリが全く獲れず、3年ぶりに産卵したアカウミガメの卵は3個だけ(普通は100個も!)だったそうです。磯津漁協は後継者難もあって漁獲は減る一方で看板が寂しげです。傍には初代漁協組合長の銅像がありますが、今の四日市の海を12 資料新聞記事磯津漁民一揆1三重火力排水口63.7.23どう考えているでしょう。
1963(昭和38)年、当時、鈴鹿川左岸にあった中部電力三重火力発電所の排水口を磯津の漁民達がふさいでしまおうという行動(磯津漁民一揆)がありました。汚染水が海水を汚しサカナが臭くなって売れなくなった原因を追及したわけです。結果的にその行為は自治会長の懐柔とわずかな補償金で未遂に終わったのですが、漁師達の海(の幸)に対する思いは熱いものがありました。四日市に「公害資料館」が設立されようとしていますが、大気汚染だけでなく海との関わりも重要なテーマとして掲示されるべきだと思っています。

28日の「市民の集い」まで2週間を切りました。多くの皆さんの参加を得て「四日市公害」の歴史と伝承を語り合いましょう。

四日市再生「公害市民塾」オリジナルロゴマーク缶バッヂ(左写真)を作りました。今のところ商品化していませんが、今般の「市民の集い」準備のためのカンパ(一口500円)を募集しており、ご協力いただいた方に御礼として進呈します。詳しくは090-3151-8971 (伊藤)までお問い合わせ下さい。

市民塾とは

logo1

四日市再生「公害市民塾」とは→こちら