Sidebar

perfect facebook Page plugin

四日市公害裁判提訴から47年。
四日市公害訴訟に関しましては多くが「判決以降○○年」という表現を使います。しかし、実際はその判決時(1972,7,24)の10年も前から被害が出始めています。そして、裁判の提起された(提訴)のは1967(昭和42)年9月1日でした。今かDSCF3933ら47年前ということになります。当時の中日新聞が8月1日付けで前段記事を掲載しています。被告6社、原告9人は確定していますが当初は慰謝料のみの請求でスタートしています。一人当たり200万円で総額1800万円ですから実に慎ましい請求です。見出しにある「五千万円」は損害賠償を加えたときの見込み金額です。第2回口頭弁論で損失利益として6500万円が追加され最終的には総額2億円余が6社に対する請求額となっています。
それから5年近くかかって72年に判決が出されますが、認定されたのは総額8800万円余というのは周知の通DSCF3930りです。半額以下に値切られているわけですから金額的には決して十分ではありませんが、「共同不法行為」など原告側の主張が全面的に認められたことに大きな意義があったということです。この当時で四日市の公害認定患者は378人、すでに二人の
男性が苦しみに耐えられず自殺でなくなっています。
来る9月20日(土)には公害犠牲者合同慰霊祭が開催されます。こうした歴史的事実を心に刻んで参列をしていただきたいと思います。
○「四日市公害と環境未来館」準備室=来年3月末オープンめざして職員の方が頑張っています。市役所5階「環境保全課」の奧の一角で無数の資料に埋もれてパソコンとにらめっこの毎日のようです。ご苦労様です。期待しております。

「四日市公害と環境未来館」はどうなっているのでしょうか。
いまだ「仮称」が必要だというのは、どうも行政的に「条例改正」をしなければならないとかで、それがいつになるのか正確にはわかりません。まさかオープンしてから、なんてことにはならないでしょうが面倒なことです。さて、現在、市立博物館20140903115405はブルーシートで囲われ「立ち入り禁止」状態ですが、CTYに内部を撮影した映像が掲載されていました。天井も壁もはぎ取られて鉄骨がむき出しになっていて無残なようすですがこれは仕方のないこと。1階から5階まで同様ですがいよいよ9月中旬から中身の造作や展示物の取り付け工事が始まります。市役所5階の準備室でも具体的な掲示・展示物の決定や解説文の作成と、作業のピッチは上がっているようです。何と言ってもあと半年ですからねえ。
しかし、こうしたハード面は見えやすいのですが開館後の運営とか解説者の育成あるいは「じばさん」内で20140903115837の運用など、ソフト面では不明な部分がいっぱいです。市の直営とはいえ多くの事業は委託のようですし、どんな業者が任されるでしょうか。周囲を見渡しても万全な状況など見当たらず、かつ我ら「市民塾」の高齢化は進む一方で気がかりな要素は尽きません。ところで市役所のHPの中に「四日市公害と環境未来館」の独自HPが作成されています。最近「英語」「中国語」版が追加されています。詳しいこれまでの資料も閲覧できますから一度アクセスしてみて下さい。 http://www5.city.yokkaichi.mie.jp/menu73246.html へどうぞ。
○ 「四日市公害を忘れないために」市民塾・土曜講座、全10回分の報告集刊行が決まりました。名古屋の風媒社にお願いします。現在、編集作用のまっただ中です。年内刊行を目指して頑張っています。完成の折にはぜひ購入ご協力を御願いいたします。

 

四日市市議会が報告書作成
20140820101447 2四日市市議会が約2年をかけて四日市公害に関する報告書をまとめました。議員政策研究会の中に「四日市公害分科会」を設け、四日市公害に対して市議会がどのような動きをしてきたのかを検証しました。分科会は豊田議員を会長にして合計12名の議員が担当。平成24年8月から26年7月まで21回の議論を重ねこのほど(7月1日付け)でA4版124ページにまとめられています。目次は11項目上げられていますが 4「本会議録」の調査結果  5「特別委員会会議録」の調査結果  6「年表」が合わせて半分を占めており、7「時代の動きと議会との関連分析及び検証」が38ページ文加えられています。全文は四日市市のHPに収録されていますのでごらん下さい。
この報告書はあくまでも市議会がどう対応したのかを議会保存の公的文書を中心にして調査したものあり、民間からの聞き取りとか資料収集は一切なされていません。そういう点では一面的ですが、しかし現在の議員が過去にさかのぼって検証を試みたのは評価してよいと思います。我々としては特に澤井余志郎さんの「記録」との照合を図るなど、改めて「四日市公害を忘れないため」の作業を継続していきたいと思います。
(注)本103ページに昭06 霞ヶ浦埋め立て開始臨時市議会67.2和42年12月市議会が「第3コンビ・霞埋め立て」を採決した際、反対住民が詰めかけたときの議場内写真 (右)掲載されています。アングルからみて、どうも澤井さん撮影の写真のようですが但し書きはありません。ちょっと(?)ですね。

○ 「第32回公害犠牲者合同慰霊祭」今年は公害患者と遺族の会・磯津公害認定患者の会に加えて四日市市との共催となります。期日は9月20日(土)10時から。会場は例年の四日市市営大谷霊園「慰霊碑」前です。

立秋というのに暑さが衰えませんが、いかがお過ごしですか。
昨日6日は広島「原爆の日」。一日遅れですが哀悼の意と平和への思い を捧げたいと思います。さて、「市民塾」の活動ですが土曜講座と市民の集いを終え、今度はパネル展や公害学習・研修に忙しく動き回っています。昨日までの一週間DSCF3659は津市内で「フォトジャーナリズム展」が開催され、その一角に「四日市公害写真展」を設けました(写真左)。一連の年表対応の18枚とベスト版4枚を掲示しました。今までは四日市市内ばかりでしたが今回は津市ということで、しかもプロの写真家との併催でしたが、却って見る人の目には新鮮に映ったようです。このような巡回スタイルもいいものだなと感じました。四日市も資料館開設に向けて積極的な営業活動が望まれるところです。
四日市市環境学習センターでは恒例の公害写真展が夏休み中開催され、訪れる親子連れには解説ボランティアのメンバーが丁寧に説明を加えています(写真下右)。そDSCF3650DSCF3667の他、大阪・大東市からは教員グループが20人来訪(5日・写真下左)。四日市市内の教員研修会20人受講(6日)。また続いて9日(土)10日(日)と企業主催の「環境フェア」、11日には「子どもフェス」とパネルを担いで参加します。暑い中しかも少ないメンバーですが何とか夏を乗り切りたいと思っています。

「四日市公害を忘れないために」市民塾・土曜講座10。いよいよ最終回です。
トリは「吉村功さん」の登場です。
09 市民学校第2期第2回571.5.31 2新年早々にスタートしたのがつい昨日のようですが、とうとう最終回が迫って来ました。今回ご登場願うのは吉村功さん。1937年生まれ、名古屋市在住。四日市公害訴訟まっただ中の1969年(当時名大助教授)学生達と一緒に四日市を訪れ、澤井余志郎氏と出会います。翌年には 「四日市公害と戦う市民兵の会」 を立ち上げ、機関誌 『公害トマレ』 を刊行します。同誌は1979年、100号まで発行され続けました。市民兵の会のメンバーは学生・教員・公務員・会社員など多様でしたが、年齢層は20代から30代半ばという若さでした。理論的な学習も欠かさなかったのですが、実践的行動的な若者らしい活動を繰り広げていました。 
市民兵の会は代表を置かず吉村さんも「一兵卒」に過ぎなかったのですが、経済的に大きな支えとなっていただきました。1970年前後の時代状況とともに、当時の若い世代が何を願いどう行動していたのか、いろんな質疑を期待したいと思います。写真は市民兵の会が主宰した「第二期 公害市民学校」の風景です。1971年ですから判決前です。中央の和服姿が患者の会会長の山崎心月さん。吉村さんも写っていますがおわかりですか。
では7月19日(土)午後1時30分。最終回への多数の方の参加をお待ちしています。

市民塾とは

logo1

四日市再生「公害市民塾」とは→こちら