Sidebar

perfect facebook Page plugin

公害裁判判決40周年 原告患者で漁師の野田之一の思い

公害を記録する会 澤井余志郎

朝日新聞より・・・・・・・・・・・ 二○一二年は判決四十年の節目の年。野田さんは八十歳になった。四○年前の勝訴判決で「これで助かった、死なずにすむと思ったが八十までは生きるとは思わなんだ。だが、八○にもなると体の衰えはどうしようもない、四十年まえにありがとうの挨拶は控えさせてもらい、青空がもどったときに“ありがとう”の挨拶をするって言ってきたけど、この先四五年の判決集会があって、生きていても皆さんのまえに出て“ありがとう”の挨拶はできない、四○年の集会を企画するんだったら、わしが皆さんにあらためて青空回復でのありがとうを言える場をつくってほしい、どんなことがあってもそれまでは死なんようにすると頼まれた。私は八四歳、順番から言えば私の方が先に死ぬことになるが、野田さんの思いは真剣である。・・・・・・・・・・・

以上抜粋 全文はこちらから(PDFファイル)


野田さん逝く

四日市公害裁判原告で語り部の野田之一さんが亡くなりました。

四日市公害を語る上で、とても大きな存在を失いました。ご冥福をお祈りします。

野田さん語録

野田さんの伝えたい思い

市民塾とは

logo1

四日市再生「公害市民塾」とは→こちら