Sidebar

perfect facebook Page plugin

四日市公害を「知る」「見る」「考える」

学習案内表紙

1、 四日市公害について、知る、考えるうえで、欠かせないのは「四日市ぜんそく公害訴訟」(1967年9月1日・提訴 ~1972年7月24日・判決)である。被害者・住民側からみて、この訴訟(公害裁判)を起さなかったら、起しても敗訴していたら、四日市の住民だけでなく、“公害列島”と呼ばれた全国の公害被害地の住民も、もっとひどい被害にあって苦しんだ、自殺者が多発したであろうことは容易に想像される。
 一方、加害者側の火力発電所と石油化学工場のコンビナートも、加害の暴走を「敗訴」することによりとどめ、加害行為を認め、公害対策を採らざるを得なくなった。

 


2013年11月に更新した参考資料です。上記のものの他に、当時の市長の声などがあります。

 

PDF形式のファイルをダウンロードしてください。


市民塾とは

logo1

四日市再生「公害市民塾」とは→こちら

なたね通信

四日市公害を経験して「今」四日市の自然環境を紹介!!!facebookもあるよ!!!